2018.10.04

子どもの「噛み癖」「叩き癖」…理由と心理をつかめばきっと止められる!!

お迎えに行くたびに「友だちに噛みつきました」「今日も叩きました」と先生から報告を受け…理由もわからず「どうしたら止めさせられる?」「うちの子どこかおかしいの?」などと悩むママも多いのではないでしょうか。でも大丈夫、その理由と子どもの気持ちがわかれば、きっと止められます! 子どもの「困った癖」に向き合ったママたちに聞きました。

 

噛みつきは「弟への嫉妬」が原因でした(優希さん/37/派遣)

 

4歳と2歳の息子がいます。長男を保育園にお迎えに行くと、毎日のように先生から「今日は◯◯くんのことを噛んでしまって…」とか「××ちゃんのことをひっかいて…」と言われ、本当に悩んでいました。先生いわく「言葉がまだうまく出てこないので、口より先に手が出てしまう」とのことですが、何度注意しても止みませんでした。

なんとか友だちと仲良く遊べるようにしたいと思い、交流のためわが家でたこ焼きパーティーをやることに。そのときに次男と小競り合いになった長男を叱った時、来たママ友から「なんで下の子は叱らないの? お兄ちゃんばっかりかわいそう」と言われてハッとしました。

shutterstock_442896310

そのママ友は3人姉妹の長女で、いつも親から叱られてばかりで妹に嫉妬していたそうです。そして「寂しさをまぎらわすために妹をいじめていた」のだとか。うちも弟におもちゃを取られても「お兄ちゃんだから」と、我慢させたり叱ってきたりしていたな…と。私は反省して「いままで、お兄ちゃんばかり叱ってごめんね」と何度も謝りました。

その後、兄弟平等を意識してスキンシップも心がけるようにしたところ、友だちに噛みつくことが少しずつなくなり、ホッとしています。原因は私にあったのですね。