コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ゲームばかりする子どもへの対処法!広い世界に目を向けよう

子育て

2019.04.12

43-2

■ゲーム以外の楽しさを教えよう!

子どもが「勉強時間」と「自由時間」を、しっかりと分けて考えられるようになれば、親としてはまず一安心です。しかしそれでも、「自分の余暇のすべてを、ゲームに費やしてしまう……」というのは、気になる状況かもしれませんね。

ゲーム以外の世界にも目を向けてほしい……。リアルな生活の中で、人とのコミュニケーションを楽しんでほしい……。こんな風に思ったときには、親が積極的に「ゲーム以外の楽しさ」を教えていく必要があります。

子どもがゲームに没頭するのは、ゲームの世界が楽しいからです。ゲーム以上に楽しいことを見つけることができれば、自然とゲームとの距離は離れていくでしょう。

・一緒にキャンプに出掛けてみる
・新しい習い事をスタートしてみる
・ゲームの世界とリンクするような、リアルな世界を経験させてみる

子どもの好きなことを見つけるためには、まず子どもがゲーム以外に、どんなことに関心を示すのか知る必要があります。もしピンとこなければ、手あたり次第試してみるのも良いでしょう。

また、一言で「ゲームが好き」と言っても、その内容はさまざまです。ゲームのどんなところが好きなのかを、子ども自身に教えてもらえば、ゲーム以外の世界でも、子どもが好きそうなものを見つけられるかもしれません。

いろいろ努力をしても駄目だった……という場合でも、悲観する必要はありません。こんなときには、親も子どもと一緒に、同じゲームを楽しんでみれば良いのです。

親子で一緒にゲームを楽しめば、自然と世界は広がっていきます。親子のコミュニケーションも深まり、不安も軽減できるのではないでしょうか。

■まとめ

子どもの頃にゲーム好きだった人が、大人になってゲーム関連の職に就くというケースは、決して少なくありません。これも一つの「好き」の形。子どもが自分なりに自分の適正を見極め、将来につながる道を見つけ出したということなのでしょう。

大切なのは、「好きなこと」と「やらなければならないこと」をしっかりと判断し、理性によって、自分の力でコントロールできるよう、育てていくということです。「自由」と「責任」を意識して、子どもと一緒に「ゲームをやるときのルール」について、話し合ってみてくださいね。

2 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る