コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

我が子の勉強嫌いは、親の関わりで変えられる!やるべきこと・やるべきではないこととは?

子育て

2019.04.15

■親がしてはいけないこと、3つ

では反対に、親がやってはいけないこととはどのようなことなのでしょうか。具体的なポイントは、以下のとおりです。

・嫌がっている子どもに、無理矢理勉強させる
・お友だちと比較する
・自身のストレスをぶつける

子どもの勉強嫌いをなんとかしたい!という思いから、「とにかく勉強しなさい!」と言いたくなる気持ちもわかりますが、これは逆効果です。無理矢理塾へ入れるのも同じなので、注意しましょう。

嫌々勉強しても、当然結果にはつながりません。結果として、より一層勉強が嫌いになる可能性が高いです。

また周囲の人と比較され、良い気分になる人はいません。何気なく言った「○○ちゃんは百点ですごいね!」なんて言葉が、子どもを追い詰めてしまうこともあるので、注意しましょう。

子どもの心身を健康に保つためには、ストレス解消も鍵となります。そのためにも、親のストレスを子どもにぶつけるような言動は慎むようにしてください。

174-2

 

■まとめ

子どもは本来、勉強が好きなもの。今は勉強嫌いでも、正しい手順で一つずつ丁寧に対処していけば、きっと子どもを変えられることでしょう。

勉強が好き!という子どもは、やはり大きく伸びることが予想されます。中高生になってからも、自分自身で目的を持って学習を進めていってくれますから、親としても手がかからず助かるはずです。

子どもの勉強に付き合うのは、正直大変……と思うこともあるかもしれませんが、まずはパパやママ自身が楽しむところからスタートしましょう! 「一緒に解けたね!」なんて喜びや達成感が、子どもを大きく成長させてくれるでしょう。

2 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る