注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「お揃い服買いなよ」「死ねと言った」…小学生のトラブルどう対応する?

子育て

2018.10.02

いざとなって冷静さを失った時こそ冷静に(里奈さん/38/派遣)

 

3の娘がいます。あるとき、うちの娘に「死ね」と言われた、と相手の親から連絡がありました。話によると、娘が友だちと話をしているときに中指を立てて、その子に向けたということらしいのですが…驚いた私はすぐ娘に事情を聞いたのですが、本人は「言ってない」と。

といっても、そんな事情を説明したところで相手の親は「うちの子は『死ね』と言われたと言ってるんです」の一点張り。娘と一緒に話していた友だちにも話を聞こうかと思ったのですが、これ以上事を大きくしたくなかったので「誤解させたことは謝ります」と言って、娘と謝罪しました。

そして先日はママ友から「娘が友だちをいじめているのを見た」との連絡が。同じようなことが重なった驚きとショックで感情的になり、娘の話を冷静に聞かずに怒ってしまいました。でも結局、真実は違うことが後に判明して…娘を信じてあげられなかったことを大反省しました。

shutterstock_1159176622

このことを通して、いざわが子のことになると冷静さを見失い、真実を把握できなくなることを痛感。子ども同士のもめ事は、誤解が重なっていることも多いものです。トラブルがあったときは、親が誰よりも冷静になって話を聞くことが大事だと気づかされました。

2 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る