コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

おこづかい「インクルード制」が変えた子どもの金銭感覚

子育て

2018.05.14

2018.09.10

バトルの末に娘が発した、本質を突くある言葉

とはいえ、「はい、じゃあ黙ってます」とは、なかなかならないのが親。特に「お金の使い方」「モノの大切さ」に関しては、抵抗がありました。

ところが、地域の学校じゃないので、友人と遊びに行くにも交通費がかかる。通学に時間がかかるのでお腹がすき、おやつや自販でドリンクを買う。土曜日は学校のカフェテリアで食べたい。

加えて、先輩に誘われてのお出かけはあるし、ほしいものもドライヤー、休日の私服と、娘の欲求は切れることがありません。

shutterstock_276744083

足りない分は、その都度話し合って渡していましたが、

「なんでそんなにかかるの?」
「だって、先輩が連れていってくれるお店だから仕方ない」

「なんでママが出すの?」
「だって、これは文房具じゃん」

釈然としないままお金を突き出す私と、いつもお小言つきで気持ちよく出してもらえない娘…。

しまいには、娘がおこづかいで買っているものまで、「ムダ遣いして」と思うようになり、時には私が大きな声を出したり、娘が涙ぐむようなことも起きてきました。

関係も悪くなる一方で、どうしたものかと困り果てていたあるとき、娘から強烈な一打をくらったのです。

いつものように、お金を差し出しつつ「いったいくらかかってると思っているの!」と高圧的に出た私に、

「お金の権利を持っているのは親。その親に言われたら、子どもはどうすることもできない。ずるい…」と彼女は悔しそうにつぶやいたのです。

2 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る