注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

“こども食堂”には様々な『気付き』があった!

子育て

2018.03.22

2018.10.16

『こども食堂』という言葉をご存知ですか?

1-1

最近日本全国各地で『こども食堂』が開設されていますが、この『こども食堂』についてご存知でしょうか?こども食堂とは、本来子供の貧困対策の一つの手段で“家庭の経済的な理由で満足な食事が摂れない”とか“両親が仕事で忙しく、夕食は一人で食べている”等の事情がある子供達に温かい食事と場所を提供することを目的とした施設の総称です。しかしながら、最近は前記の基本的なコンセプトを柱として、「地域の大人と子供の交流の場」「食育の場」等、プラスアルファの役割を果たすこども食堂も多くなってきました。

実は私、ボランティア団体『端数倶楽部』の会員で、その活動の一環として、先日『あきしまこどもクッキング』を訪問し、こども食堂の様子を自身で確かめて参りましたので、ご紹介させて頂きたいと思います。

 

『皆で作って・食べる』事で新たな絆が出来る

最初に、『端数倶楽部』からこども食堂の視察ボランティアの依頼があった際、自分自身で『こども食堂』についてインターネット等より情報収集したのですが「どこのこども食堂も、なんだか家庭的でほのぼのしていて“子供の貧困対策”というネガティブな印象がない。むしろ楽しそう…」というのが事前の感想でした。ですから、学童帰りの小1の息子を連れ気楽に、隣の市で開催されている『あきしまこどもクッキング』を訪れてみました。

あきしまこどもクッキングは、現在毎月1回、第2水曜日に開催されているとの事ですが、16:0018:00が調理タイム、18:0020:00が食事タイムで、子供達は食後に別の部屋で遊んだり宿題も出来ます。

私たち親子が訪問したのはちょうど18:00前で、お食事タイムが今まさに始まろうとしていたところでした。

その日は30名前後の親子及びスタッフさんがいらっしゃいました。そして赤ちゃんから小学生まで、様々な年齢層のお子様たちが楽しそうにワイワイ集まっていて、ちょっとしたイベントみたいな雰囲気でした。

あきしまこどもクッキングでは、食事代は子供(乳児から大学生)まで原則無料、大人は1人あたり300円で食事が出来ます。早速私たち親子も食事代を支払い、スタッフの方々に挨拶をして、テーブルに混ぜて頂きました。

献立はとてもバランスが取れていて、子供も食べるので優しい味付けのものばかりでした。息子に至っては「おかずが沢山ある!うちの夕御飯はおかずが12種類しかないのに!」と我が家の夕飯事情を大声で暴露(汗)。そして、美味しそうにパクパク食べ始めました。

1-2 1-3

※写真左より『テーブル上のお料理』ホワイトボードに書かれた『この日の献立リスト』

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る