コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

気持ち悪くて絶叫! 夏休みに虫を勝手に飼う子供達「机の引き出しを開けたら…」

子育て

2019.08.03

虫は虫でも「甲虫」なら大丈夫!


虫を嫌がる母親は多く見られましたが、種類によっては平気な人も少なくないようです。代表的なのは「カブトムシ」や「クワガタムシ」といった甲虫。「カブトムシってコバエが湧くイメージがあったけど、100均のコバエ防止シートを使えばかなりマシ」「硬い殻に覆われてる分、清潔感があるよね(笑)」といった声が上がっています。

 

他にも「なぜか蚕なら平気。最初は虫なんて気持ち悪いと思ってたけど、飼ってるうちに可愛くなってきた」「セミの幼虫が羽化するところを見たくて、夏には子どもと探しに行ってます」「飛ばない虫はオールOK。田舎育ちなので息子より虫の飼育が得意!」などの声が。

 

虫が平気な母親も多いようですが、中には気持ち悪すぎる虫を拾って帰ってきたケースも見られます。「黒光りしている“G”を捕まえてきたときはさすがに説教した…」「息子はカマキリをたくさん捕まえて来るけど、1匹飼うとエサとしてたくさん虫を捕まえる羽目になる。食べてる瞬間もグロテスクだし、もう2度と飼わない!」といったエピソードが寄せられていました。

 

>>NEXT 子どもが拾ってくるのは虫だけじゃない!

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【小学生】その他の記事

小学生
もっと見る