コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもと考えたい社会のはなし「臓器移植とドナーについて」

子育て

2018.07.03

2018.07.10

「臓器移植とドナー」について、ちゃんと知っていますか?

「臓器移植」とは、病気や事故によって機能しなくなった臓器に、他人の健康な臓器を移植して、機能を回復させる医療のこと。そして「ドナー」とは、臓器を提供する人のことです。

ドナーには、「生きている人」と「脳死や心臓停止と判定された人」の2通りがあります。

生きている人からは、「肺、肝臓、腎臓」などの部分提供による移植ができます。家族が提供するケースが多いようです。脳死や心臓停止と判定された人からは、「心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸および眼球(角膜)」が提供可能です。

しかし、「脳死」か「心臓停止」かによって、下記のように提供できる臓器が違ってきます。

<提供できる臓器の違い>

「脳死」後
●心臓
●肺
●肝臓
●小腸
●腎臓
●膵臓
●角膜

「心臓停止」後
●腎臓
●膵臓
●角膜

ちなみに「脳死」というのは、脳がダメージを受けて回復の見込みがなく、人工呼吸器を外すと心臓も止まり、死に至ることが避けられない状態のこと。ただし、人工呼吸器のおかげで心臓が動いている間(通常は数日以内)、臓器の機能は保たれています。

shutterstock_164271932

「心臓停止」による死は、いわゆる一般の死です。心臓からの血流がなくなると臓器のダメージが進むため、「心臓、肺、肝臓、小腸」は、提供できなくなります。

つまり、前出の心臓移植の場合は、「脳死したドナー」からしか受けられないのです。

脳死になるケースは全死亡者の1%程度。さらにその中で、心臓を提供してくれる「ドナー」となると、極限られた人数しかいないという現状があります。

2 / 5 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る