コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ゲーム好きな子どもに、親がやってはいけない5つのこと

子育て

2020.09.22

2020.09.27

ゲームで親子の信頼関係を損ねないために

画像はイメージです

3. ゲームのプレイ中にそろそろおしまい、と一方的に言う

「だいたい『おしまいだよ!』とお母さんがいうのはご飯ができたときですよね」と笑う関先生。確かに、身に覚えがある人も多いのでは?

 

「大人の都合で一方的にやめなさい、と言われても子どもは納得できません。『ご飯ができたらやめようね』『出かける前にやめよう』など、前もって予告したり、タイミングを決めましょう。

 

そのとき、子どものゲームの区切りポイントがわかっていれば、『クリアしたらやめよう』『この対戦が終わったらやめよう』などと声をかけることもできますね」

 

4. ゲームのコントローラーを隠す

子どもが約束を破ったとき、「もう禁止!」とコントローラーを取り上げたこと、ありませんか?怒ってやってしまいがちですが、それは全く有効ではないそうです。

 

「コントローラーを隠しても、子どもはお母さんがお風呂に入っているときなんかに、こっそり見つけてゲームをしますよね。隠れてやる、うそをつく、というのは親子関係に良い効果を生みませんし、悪い意味でゲームにハマる原因にもなりえます。

 

一番よくないのは、子どもがいつの間にかゲームを再開したとき、親の怒りがおさまっていると『まあいいか』と、親も約束をないがしろにしてしまうことです。」

 

親は怒りの感情に任せて罰を与えるのではなく、「どうしたら約束を守れるか」考えることが必要なのですね。

 

>>NEXT ゲームと成績に因果関係はない。それどころか…

2 / 3 ページ

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る