コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

Eテレにもジェンダーレスの波「ガラピコぷ~」の新しさ

子育て

2020.04.30

2020.07.01

Eテレにもジェンダーレスの波が来た

「ガラピコ」(別の星から不時着したらしい)は、いわゆる「男の子/女の子らしさ」とはスパッと切り離されたキャラクターです。性別は不明。一人称は「わたくし」か「ガラピコ」。誰にでも敬語で話すジェンダーレスなロボットです。ロボットのわりには結構キレやすく、チョロミーとしょっちゅうケンカしています。

 

そして主人公格ともいえるのチョロミーは、競争やスリルが好きで、ハイテンションな女の子。今までの「しっかり者女子」枠からは、明らかにはみ出した暴れん坊。はちゃめちゃな言動で周囲を振り回すトラブルメーカーです。こういう役って、これまではわんぱく男子の特権だったのでは?

 

そんなチョロミーとすべてが対照的なのがムームー。「ポロリ」「メーコブ」の系譜に連なる繊細で感性豊かな男の子ですが、実は自分の「好き」がはっきりしているし、地道にコツコツ積み上げることができる努力家。大人になって伸びるのはきっとこういうタイプ…!

 

既存のジェンダー観から切り離されたロボットと、典型的な「らしさ」の真逆に振り切った女の子と男の子。

 

女の子だからって、お行儀のよいいい子ばかりじゃない。男子より活発な女子だって、たくさんいる。

 

男の子だって、運動よりお絵かきが好きでいい。女子より内気で、すぐに泣いちゃう男子だって、たくさんいる。

 

Eテレはしっかりと時代を読み、先陣を切って不均衡なジェンダーバランスをフェアにしてくれたのだ、と筆者は(勝手に)確信しています。

 

性別にとらわれず、自由に何かを選び、好きなことをしよう。

 

そんなメッセージが子どもたち、そして親になった大人たちにもきっと届いているはずです。

 

ちなみに、ガラピコがチョロミーのことは呼び捨てなくせに、ムームーのことは「ムームーちゃま」と呼び分けているのが個人的にツボです。

 

文/阿部 花恵

3 / 3 ページ

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る