コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

悩める子どもを救う「髪」のボランティア

子育て

2020.02.28

寄付する髪はカラーや白髪でもOK!

寄付する髪の毛は完璧な状態でなくてもOK。カラーやパーマはもちろん、白髪の人でもドネーションすることができます。軽く引っ張っただけで切れてしまうほどの極端なダメージがなければ問題ありません。

 

実際にヘアドネーションをしたことがある人からは、「長く伸ばしている間の手入れは大変だったけど、寄付した時の達成感がすごい! 証明書が送られてきた時は、子どもたちの喜ぶ顔を想像して笑顔になれたな」「白髪まじりなので最初は無理かもと思っていましたが、今は全然問題ないそうです。誰かの役に立てるって思うと、清々しい気持ちになれますよ」といった声が上がっていました。

 

また今年の1月、上毛新聞に掲載されて話題になったのが「20のヘアドネ」という団体の活動。同団体は群馬大に通う金子優花さんが代表を務め、今年1月の成人式に合わせてヘアドネーションを募りました。同市の成人式では会場脇に特設ブースを設置。成人式後には実際に髪をカットしているシーンを同団体の公式SNSで共有し、ヘアドネーションを実施した人へ写真の提供を呼びかけています。

 

>>NEXT ヘアドネーションの認知度は6割超

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る