注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

高校も無償化に!?制度改正で4月から対象世帯が大きく増加

子育て

2020.02.12

東京都では私立高校の授業料を46万1000円まで支援

国の制度とは別に、追加で学費を支援する制度を設けている自治体も。例を挙げると、東京都では私立高校の授業料を“無償化”しています。国の就学支援金に追加して、都内私立高校の年間授業料の平均にあたる46万1000円を上限に補助。

 

また今回の就学支援金制度の改正にあわせて、都も“無償化”対象世帯の年収上限額を910万円に引き上げました。さらに子どもが3人以上いる家庭には、高校生1人当たり最大5万9400円程度を助成する新制度も設立。同補助金は公立高校の年間授業料の半額に相当するらしく、学費負担が大きく軽減されることになりそうです。

 

同制度の改正には、「年収がギリギリで上回ってたから、本当に助かる! お金がネックで諦めなくていいのは嬉しい」「これからずっと続いてほしい制度ですね。贅沢はしなくてもいいから、せめて教育の機会くらいは平等にしてあげたいな」といった声が続出。

 

しかし一方で、「またギリギリで範囲外だ。頑張って収入を上げたら補助の対象外になるっておかしいと思う」「制服やPTAの会費とか、授業料の他にも払わなければならないお金が多すぎる。“無償化”というなら徹底してほしい」などと不満の声も上がっていました。

 

>>NEXT 大学進学に使える新制度が登場

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る