コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

電車で赤ちゃんが泣き止まない…心折れそうになるママに届けたい声

子育て

2019.11.12

「ステッカーが無くても優しい世の中」を願う声も…


子育て世代だけではなく、同商品のターゲットである“非当事者”からも絶賛の声が。

「電車で赤ちゃんが泣き止まず、困っているお母さんを見かけても声をかけられなかった。キーホルダーをぶら下げておくだけで、お母さんが安心できるならいいかも」

「『自分がお母さんの立場になったら』と考えれば、どれほど辛いかが身に染みてわかる。そんなときに『Alright Baby』ステッカーを見かけたら気が楽になるだろうな」

といった反響も多く見られます。

 

一方で「ステッカーがなくても、お母さんが肩身の狭い思いをしない世の中になってほしい」という意見も少なくありません。

 

ネット上では、

「ひと言『大丈夫ですよ』と言ってニッコリするだけでも助かるのに、こういうステッカーで主張しなきゃいけないなんて…」

「赤ちゃんは泣くのが当たり前。もっとみんなが子育ての大変さを理解すれば、ステッカーに頼る必要がなくなるはず」

などの意見があげられていました。

 

こうした問題提起をきっかけに、社会での議論と理解が深まるといいですね。

 

>>NEXT 子連れ出勤に反対する理由は?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る