コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

紙オムツを下水道に流す計画が進行中「ぜひ実現を!」

子育て

2019.10.04

使用済み紙オムツをリサイクルした製品が登場!?


国土交通省が推し進める計画に、ネット上では子育て世代から「袋に入れてから捨てても臭ってくる。色々試してみたけど、下水道に流せるのが1番だよね」「子どもを一時保育に預けてると、使用済みのオムツを持ち帰るときもあります。保育所にこういう設備が導入されるとありがたい」といった喜びの声が。

 

また介護職の人からも、「膨大な紙オムツの処理で腰を痛めずに済む!」「においの問題が解消されるのはすごいこと。早く実現してほしいな」「ゴミの量とにおいが無くなるだけでも、かなり負担が減りますね」などの反響が相次ぎました。

 

国土交通省の取り組みが注目を集めていますが、以前から紙オムツの再資源化に取り組んでいる企業もあります。例えばユニ・チャーム株式会社は、紙オムツ焼却による二酸化炭素排出量を問題視。2015年から使用済み紙おむつのリサイクル事業化を開始しました。紙オムツにオゾン処理などを行い、未使用素材と同等のパルプとして再び資源化することに成功。2020年には再生したパルプを使った紙製品の販売を目指しています。

 

>>NEXT 紙オムツ分離装置を使いたい人はどのくらいいる?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【話題】その他の記事

話題
もっと見る