コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子供同士のトラブル…加害者の親から謝罪の菓子折りは受け取るべきか

子育て

2019.07.06

2019.12.02

母親が泣くだけで息子は無表情のまま…


以前、小学2年生の子どもがいる女性が寄せた“子ども同士のトラブルで謝罪を受けることに…”という話題に注目が集まっていました。

 

彼女は、「『お互いさまだから』で済まされない子ども同士のトラブルがありました」と告白。家に相手方のお母さんと息子さんが来たのですが、お母さんは泣いて謝罪するのみ。子どもは、無表情のままで反省しているのかわからなかったといいます。

 

相手のお母さんは、「全部私が悪いんです。ダメな親だと笑って下さって結構です」と泣きながら懺悔。そのため女性は、「2度と同じことを繰り返さないでと思うだけですので、どうか家族で話し合いして下さい」と言うことしかできなかったそう。そして、「罵倒したいとか説教したいとか全く思わずに、ただただ同情してしまったのです」と振り返っていました。

 

この話題にネット上からは、「母親が泣いているだけでは、自分のストレスを相手方にぶつけているだけで謝罪ではない」「それだけ取り乱されたら引いちゃいますね…。私だったら『お母さんに謝られても困る。本人がキチンと謝罪するなら受け入れます』って言うかな」「我が子のしたことを謝るのではなく、『加害者の親としての自分』を守りたかっただけかもしれません」などの声が。

 

子ども同士のトラブルで“相手の謝罪の気持ち”を確認するポイントは、“加害者の子どもが反省しているか”というところにあるようです。

 

>>NEXT 親が子どものトラブルに介入するタイミングとは?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【習い事】その他の記事

習い事
もっと見る