コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもの習いごとや部活、途中でやめるのは「挫折」なのか?

子育て

2018.05.18

2021.03.17

親が口を出すことになんとも思わなかった日々

4歳で幼稚園の課外活動で始めたときは、とてもとてもサッカーとはいえないほどのものでした。

それでもその後、地域の少年団に入り、土日祝日はサッカー漬け。強豪チームではなかったものの、それなりに強い学年でしたから、保護者も含めて盛り上がりました。

shutterstock_548365051

息子は点取り屋だったこともあり、白状するとちょっと鼻が高かった。でも、その分期待も大きく、息子のプレーに口を出してばかり。

でも、そのときはそれが「親なら当たり前」と信じて疑っていませんでした。周りの上手な子の親は、みんなそんな感じでしたから。

中学、高校も当たり前のようにサッカー部。レギュラーに入るか入らないかというすれすれのところ。さらに中31年間はケガ続きで、練習すらできず…。

最初はふがいないと思うこともありました。でも、じっと部員のサポートを続ける彼を見るうち、私はちょうどよく冷めていったのだと思います。

そして高校に入って1年が経ったある日、3月に退部すると主人と私に切り出したのです。

2 / 5 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【習い事】その他の記事

習い事
もっと見る