コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

妊活に〝協力する〟夫たちの叫び「子どもさえできれば苦悩は終わるのか?」

子育て

2019.04.21

2021.03.10

耐えられなくなって中断の申し入れ(真人さん/30/販売員)

結婚したてのときは、まさに「幸せの絶頂」でした。スタイルもよく、顔立ちもきれいな妻に「こんなに魅力的な女性が一生そばにいてくれるなら、なんだって頑張れるし、なんだって耐えられる」そう思っていました。

結婚して半年を過ぎたあたりから、妻がしきりに「赤ちゃんが欲しい」と言うようになりました。「そうだね」と同意はしていましたが、どこか気持ちにズレを感じていたのが正直なところ。

妻が〝妊活セックス〟にこだわり始めてからは、義務感しか感じなくなり、夫婦生活は味気ないものになっていきました。近いうちに子どもを生んで「幸せな三人家族」を夢見ている妻にとっては、そうではなかったのかもしれませんが。

ついに耐えられなくなって「妊活を中断してほしい」と伝えると、「それって私との子どもは欲しくないってこと!?」と、まるでこの世の終わりのように泣かれまして。相当ショックだったのか、実家へ帰ってしまったんです。

shutterstock_1362452741

妻の実家へ行って詳しく事情を説明したところ、幸いお義父さんが気持ちを理解してくれまして。両親の説得で妻も家に戻ってきて、いまでは少し落ち着いてきました…そして再び、妊活に臨んでいます。

2 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る