コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

サレ妻が行った不倫夫の心を取り戻す〝心理作戦〟とは

子育て

2019.04.17

2021.04.27

最近やけに帰りが遅い、LINEの返信もやけにそっけない…夫の不倫に勘づいたとき、あなたならどうしますか? いまにも離れていきそうな夫の心をつなぎとめるべく、妻たちは一計を案じました。その方法はあまりに簡単、でも夫の心をしっかり読んだ〝心理的〟な作戦でした。さて、その内容とは?

【体験談】不倫夫の心を取り戻す!妻たちの作戦

ほめてハグして家族愛をアピール(美智香さん/35/飲食店勤務)

遊び疲れて膝の上で眠り込んでいる娘を眺めながら、旦那の帰りを待っていました。ふと時計をみると、22時。LINEでは「残業で遅くなるから、先に寝てて」と…でも、残業なんてウソなんです。

 

旦那が帰ってこないのは、不倫相手と過ごしているから。結婚してこんなにかわいい娘もいるのに、どうして隣にいるのが私じゃないのか…理解できずに心を痛める日々でした。

 

だからといって、ここで責め立てても絶対に逆効果。そこで考えた私は、旦那をもっとほめて、家族の愛情をアピールすることにしました。

 

朝食のときには「なんだか今日、すごく〝爽やかな好青年〟って感じだね」と言ってみたり、夕食時に娘に「パパが頑張ってくれるから、おいしいご飯が食べられるね」といってみたり。

 

ときには帰宅するなり、娘に「パパだいすき〜!」とハグをしてもらい、私もおどけて「大好き~!」とハグを重ねたり。

shutterstock_1085099147

そうしているうちに少しずつ「旦那が帰ってこない日」が減ってきました。不倫をやめたのかどうかはわかりませんが、家庭に取り戻す効果は確かにあったと実感しています!

ママ友旦那の修羅場を語って脅した(沙織さん/29/税理士)

「なにこれ?」と、怪訝な表情で、テーブルの上にある本を手に取る旦那。本の帯には「次はあなたかも!? 不倫の落とし穴…」といった文字が踊っています…それは私が旦那に仕掛けた「罠」のひとつです。

 

数か月前から、旦那が不倫をしていることは知っていましたが、なかなか切り出せず。そのうち帰ってこない日も増え…どうしたものかと頭を抱えていたんです。そんなとき噂で、ママ友の旦那の不倫が発覚して、いまは離婚をめぐり慰謝料や親権争いの泥沼にはまっていると聞きました。

 

これをきっかけに私も行動に移そうと思い、まずは例の本を購入したんです。旦那をギクリとさせるのはもちろん、ママ友の話をするきっかけ作りのため。怖いもの見たさからでしょうか、ページをめくる旦那に「実はさ…」と話し始かけました。

shutterstock_525153193

ママ友の苦悩と離婚の修羅場を、自分が体験したかのようにドロドロとリアルに語り「怖いよねぇ…私たち、もしそうなったらどうする? きっとこの子も…」と、無邪気に遊んでいる息子を見つめて、脅してみたんです。

 

縮み上がった旦那は「そんなことない! ないって!」と、全力で否定。その様子を見て、心のなかでほくそ笑みましたよ。少し時間はかかったものの、案の定旦那は、不倫関係を断ったようです。

旦那を持ち上げるために「嘘も方便」(なおさん/31/生花店勤務)

「ねぇ、相談があるんだけど…いい?」と、あらたまった面持ちで旦那に話しかけました。「なに?」と、そっけない旦那の返事。私は「実はね…。最近、会社で同僚に口説かれてて困ってるの」と相談を始めました。

 

でも実はこれ、真っ赤な嘘。不倫中で家に帰ってこないことも多い旦那を取り戻すための作戦なんです。

shutterstock_1050416828

旦那の様子がおかしいことに気づいて早3か月。一度「不倫なんてしてないよね?」と聞いたことがあるのですが、「俺を疑うなんてどういうつもりだ!」と逆ギレされ、それ以来、聞けずにいました。

 

そこで「独身の同僚に言い寄られて困っている」という話をでっちあげ、プライドの高い旦那を刺激。自分のことは棚にあげて、「妻に手を出された」ことは気に障ったようです。

 

「あんまりしつこいようなら、俺が話をつけてやる」と言うので、後日「あなたに相談したことを相手に伝えたら、平謝りしてきたのよ」と話しました(もちろんそれも嘘ですけど)。

 

旦那の機嫌は急上昇。「ねぇ、またなにかあったら、頼りにしていい?」と、さらに旦那を持ち上げておきました。この件以来なんとなくですが、夫婦生活も濃密になった気がします。

夫に家族の大切さが伝わる方法を

何をやったか聞いてみれば、作戦自体は「そんなこと?」と思うほど簡単。でもそこには夫の心理を読みきった、妻たちの計算がありました。誰しも居心地の悪い場所には戻りたくないもの。「家族が大切」と再び思わせるために何が必要なのか、考えることが大切です。

 

ライター:藤崎陽菜
ネイリストとして働く傍ら、美容・恋愛ライターとしても活動中。ママ友とのおしゃべりは大好きだけど、最近でき始めているママ友派閥のとりなし役になっているのが悩みの種。公務員の夫と、2歳になる娘と三人暮らし。

KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る