注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

やっぱり嫁の子より娘の子…姑の本音が見えた「外孫内孫」差別の瞬間!!

子育て

2019.04.16

昔の父系制の家族制度では、他家に嫁いだ娘の子どもである「外孫」に対し、家の跡取りの子どもを「内孫」と呼んで尊重し、扱いにも差があったようです。いまではその差はなくなってきたかわり、「娘の子」と「嫁の子」とで差別されることも…果して本当に「娘の子の方がかわいい」のか? 姑の本音を垣間見てしまった妻たちのお話です。

 

とっさのときに本音が出る(康子さん/31/教師)

内孫であるうちの息子も、外孫である義妹の息子も、平等にかわいがってくれる姑。お菓子の数やお年玉の額なども、きっちり平等にしてくれていました。

ところがある日、実家にお邪魔した日のこと。二人の孫が庭で遊んでいたのですが、それぞれが逆方向に走り出し、同じように転んでしまいました。

shutterstock_369676724

そのとき…あわてた姑がとっさに走り寄ったのは、義妹の息子のほう。どちらも視界に入っていたと思いますし、どっちがより危ないという点では、むしろ道路に近いうちの子のほうが危険だったくらいです。

すぐに「◯◯ちゃんも大丈夫?」と、うちの子のことも心配してくれましたが、とっさの場面ではやはり本音が出てしまうものです。普段の「平等アピール」も、実は…なんて思ってしまいました。

まあ、差別しないように気をつけてくれているだけでも、いい姑なんでしょうけど。ちなみに今回の件、旦那には被害妄想だと言われましたけど。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る