注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「育児頑張ってます!」と無邪気な投稿…イクメンぶる旦那ほど本性がヒドい!!

子育て

2019.04.11

「イクメン」という言葉を、あなたはどう思いますか? 最初は家事育児に協力的な夫を〝讃える呼び名〟でしたが、最近では「夫が家事育児するのは当たり前」「特別こう呼ばれること自体が疑問」という風潮も。ところが自分から堂々と「イクメン」を自称し、アピールをしてはばからない夫たち…彼らの「家事育児の実態」は本当に驚くべきものでした!

 

「口だけイクメン」の正反対な実態(陽子さん/27/サービス)

私のママ友や会社の同僚たちから「イクメン」だと思われている旦那。それもそのはず、スマホの待ち受け画面は家族写真で、大の子ども好きを自分から公言している…しかし、実態はまったく違うんです。

待ち受けにしている写真は数年前に一度だけ、スマホで撮影したもの。それ以来、家族写真なんて撮った覚えがありません。家で子どもと遊んでくれることなんてめったになく。それどころか帰宅後はテレビゲームに熱中して、子どもが話しかけようものならひどく怒るんです。

shutterstock_302730485

周りには「週末は家族で出かける」と言っていますが、実際には一日じゅうパチンコ店でスロットをしています。勝った日はまだ機嫌がよく、子どもにおもちゃやお菓子を買ってきてくれたりもするんですが、負けた日は最悪で。なにもしゃべらず、あからさまに近づくなオーラを発して子どもを威嚇します。

これが正真正銘の「口だけイクメン」…実のないイクメンアピールで、周りのウケをよくしてるだけですよ。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る