注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

なんで何度も剥がしちゃうの!? 絆創膏嫌いの子どもへの対策方法

子育て

2019.03.02

20190226bansoukou01遊びたい盛りの子どもたちにとって、擦り傷や切り傷は日常茶飯事。せっかく絆創膏を貼ってあげても、いつの間にか剥がしてしまう子も少なくありません。“剥がされない”ための工夫を見てみましょう。

 

絆創膏が嫌いな子どもは多い?


勝手に剥がすからいつまでも治らない?

「自分で勝手に剥がすので傷が治らなくて血だらけ…」「うちの子は絆創膏が大嫌い。貼ろうとすると大泣きして嫌がります」など、絆創膏で苦労しているお母さんは意外と多いよう。

 

「息子も絆創膏嫌いだったなぁ」「昔は全然貼ってくれなかった」と、共感の声も多いこの問題。逆に、「うちの子は剥がすのが痛くて嫌いだから、いつまで経っても剥がしてくれなかった」「剥がすときに超泣いて大変だったよ」という声も。

 

絆創膏嫌いへの対策は?

絆創膏嫌いを克服する方法として定番なのが、“絵のついた絆創膏を貼る”こと。単純な方法ですが、成功率は高いようです。

「絆創膏に絵を描いてあげたら素直につけ続けるようになった」
「アンパンマンの絆創膏が売ってたから『ほしい?』ってあえて聞いて買ってあげた。効果てきめんです」
「息子が好きなキャラの絆創膏を買ったら超気に入っちゃって、ケガしてないのに『つけたい』って言うようになった…」

 

他にも、「絆創膏の上からガーゼとテープでとめちゃう」という強硬派のお母さんも見られました。

 

>>NEXT 勝手に剥がすのは“絆創膏”だけじゃない…

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る