コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「○○たそ」や「○○ぴょん」!? 今どきママの予想の斜め上をいく我が子の呼び方

子育て

2018.12.15

20181130namae01子供の“名前の呼び方”は家庭環境やシチュエーションによって違ってきますよね。最近では個性豊かな呼び方をしているご家庭も多いよう。そこで今回は、一風変わった呼び方をしている例をご紹介しましょう。

 

ユニークな子どもの呼び方


小さい子どもの名前には、“ちゃん”や“くん”をつけて呼びがち。しかし最近ではユニークな語尾をつける親御さんも増えています。ネット上では、「6歳ぐらいまで“○○たそ”って呼んでた」「赤ちゃんの時に呼んでた名前が抜け出せなくて、名前の語尾に“○○ぴょん”ってつけてる」「笑われるかもしれないけど、“○○ぼん”っていう呼び方が気に入ってるんだよね」といった声が上がっていました。

 

また、名前とは一切関係のない“あだ名”として呼んでいる人たちも。「王子とかプリンセスっていう名前をつけてる」「一回“きゃわ”ってあだ名が定着しちゃって離れられなくなった」「やんちゃだから“ギャン子(ギャングな子)”ってニックネームにしてる」というご家庭も増えているようです。

 

この呼び方に対し、「最近の親御さんはかなり特殊な呼び方をするんだね」「呼び方一つで子どもとの接し方が変わりそう」「好きなキャラクターのあだ名をつけたらやけに喜んでた」「あだ名の方が呼びやすいこともあるよね」といった声が続出していました。

 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る