注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

あれ、いま何時?! 寝かしつけで「まさかの寝落ち」を防ぐ秘策とは

子育て

2018.09.11

子どもを寝かしつけながらまさかの寝落ち…夜中に目覚めると、やりかけの家事がそのままになっている現実。「また、やってしまった」とガッカリしつつ用事を片づけて寝たら朝寝坊…これぞ「ママあるある」ですよね。起きてガッカリの「寝落ち」と闘うママたちに秘策をうかがってきました。

添い寝しながらストレッチ(裕里香さん/33/事務職)

うちの子はいま3歳。まだまだ甘えんぼうで、添い寝じゃないと寝られません。完全に寝るまでは、起き上がろうとするとすぐに気がついてしまいます。何もしないで寝そべっていると私も寝落ちしてしまうので、添い寝したままできることを探していました。

shutterstock_1159463923

スマホは光で気づいちゃうし、イヤホンして音楽を聞くと引っ張られるのが痛くて、諦めていたんです。

そんなある日、足のむくみがひどいなぁ…と、寝かしつけながら足や首・肩のストレッチやもみほぐしをしていました。すると子どもは、少々動いたぐらいでは起きません。

「私が横に寝ていれば寝るんだ」ということに気づき、それから寝かしつけの時間はストレッチタイムに。身体を動かしていると眠気防止にもなるし、足のむくみも改善されて一石二鳥。

それでもとくに疲れて睡魔がひどい日は、ツボ押しに変更! 自分が痛いと思うツボをひたすら押して、健康増進&寝落ち対策をしています。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る