コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

本気度高め!親子が全力で遊びを楽しむためのコツは?

子育て

2020.09.05

娘が自分で考えた「生け花ごっこ」!

遊びの主導権を娘さんたちが握っている高橋家では、その遊び方も娘さんたちのアイデアでどんどん変わります。さらに、7歳の娘さんが自分でも遊びを考えるようになりました。

一家で遊ぶ

「長女が100%自分で考えた遊びなんですが、『生け花ごっこ』という遊びがあります。演者が花になってその花を表現し、ほかのメンバーは『99点』『10点』などと言って、その花がどれだけ美しいかを採点する遊びです。最後はそれぞれ花の形をして、花にまつわる歌を歌いながら行進します。これはメチャクチャおもしろい。それ以上に、娘がこの遊びを思いついたことが嬉しかったですね!」

高橋家がいまハマっている遊びはこれ!

 

もうひとつ、高橋家らしい遊びを紹介しましょう。「ジェスチャーゲーム」です。これは演者がジェスチャーを行い、他の人が何のジェスチャーをしているかを当てる遊び。

 

最初は、演じる側をする娘さんが「当てられたら負け」と思っていて、楽しんでジェスチャーができなかったそうです。そのうち、当ててもらうほうが楽しいことに気づき、どんどん積極的に。

自分で考えるからどんどん遊びが変わっていく

妹と協力して一つのジェスチャーを演じるなど、「ジェスチャーも大掛かりになっていきました」。さらには簡単に当てられると、あまり「おもしろくない」ことに気づいた娘さん。ひねったジェスチャーをはじめたそうです。

 

「たとえば『お化け』のジェスチャーでも、普通、誰もが思いつく“うらめしや~”とやらずに、唐笠お化けのジェスチャーをしたり。演じる娘は工夫するおもしろさに目覚めた様子ですし、当てる側も次は何を見せてくれるのかワクワクしますし。娘の成長を感じました」

 

全力にらめっこ

上の写真は最近はやっている「全力にらめっこ」。高橋さんの全力っぷりが伝わってきますね。高橋さんが娘さんたちと遊ぶときはとにかく全力投球。子どもの発想に心から感心したり、驚いたり。その点も高橋さんが娘さんと楽しく遊ぶコツといえそうです。

 

PROFILE 高橋晋平さん

高橋晋平さん

株式会社ウサギ代表取締役/おもちゃクリエーター 2004年株式会社バンダイに入社し、国内外で大ヒットした「∞(むげん)プチプチ」など、50点以上の新規玩具の企画開発に携わる。現在はおもちゃ・ゲームなどの遊び系事業を各種企業と共同開発している。また、アイデア発想に関する講座を全国各地やオンラインで多数実施。著書も多数。Twitter:https://twitter.com/simpeiidea

 

文/長根典子

3 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【For Men】その他の記事

For Men
もっと見る