コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【大爆笑】七夕の短冊に書かれた「わが子の願い事」が面白すぎた!!

子育て

2019.07.10

■優しい気持ちは嬉しいけど…(薫さん/36/行政書士)

2の長女のお迎えに行ったときのことです。学童保育の教室には七夕の笹が飾られ「もうそんな時期なのか~」と懐かしい気分で通り過ぎようとしました。するとママ友が「ちょっとちょっと。これ見た?」と私の腕をつかみます。

それは娘の短冊、そこには「ひいおばあちゃんが 大おーじょーを とげますように」と書いてありました。 ん? 「ひいおばあちゃんが大往生を遂げますように」だと!?

87歳になる私の祖母は、周りが病気した話を聞くと「私は絶対に大往生を遂げたいよ」といつも願っています。大往生とは「健康に長寿をまっとうし安らかに亡くなる」こと。どうやら娘は「自分のことよりも、ひいおばあちゃんの願いを叶えてあげたい!」と思ったそうで。

娘が祖母を思ってくれた優しさには感激したものの、七夕の短冊に「大往生を遂げる」はちょっと…ねぇ。異彩を放つ娘の短冊は、先生にお願いして書き直させてもらいました。日本語って、難しいですね…。

2 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る