注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

言い訳を許さず追い詰めるのは逆効果「ごめんなさい」と謝れない子への対処法

子育て

2019.06.21

子どもが悪いことをして叱っているとき、素直に非を認めて謝らず言い訳ばかりする態度に、怒ってしまうことはありませんか? ちゃんと「ごめんなさい」が言える子どもにしつけたい、とつい力が入ってしまうのもわかります。でもママたちに話を聞くと「言い訳をさせず追い詰めてしまったら、かえって逆効果だった」と言う声が。素直に謝ることを教えるには、どうしたらいいでしょう?

 

 

■言い訳を叱ったら嘘をつき始めた(優さん/37/会社員)


Family conflict

iStock.com/LittleBee80

6歳の息子は、叱っても言い訳ばかりして困っていました。兄弟喧嘩をすれば「だって、〇〇がいけないんだもん!」と弟を責め、お茶をこぼせば「お茶が勝手にこぼれた」と絶対に自分の非を認めようとしません。

あまりに言い訳ばかりするので「言い訳なんて聞きたくない! 素直に謝りなさい!」と、ついつい強く叱ってしまいました。すると状況はますます悪化。言い訳どころか、嘘に嘘を塗り重ねるようになってしまったのです。

「厳しくしつけないといけない」と思ったのですが、まったくの逆効果。言い訳を許さなかった結果、嘘をつくほど息子を追い詰めたことを猛省。それ以来、「言い訳すること」自体を叱るのはやめました。

いまは「〇〇すると、ママ悲しいな」と私の気持ちを伝える〝アイメッセージ〟にしたり、「次はこうしたらどうかな?」と正しい方向性をアドバイスしています。最終的には素直に謝れる子になってほしいですが、長い目で見守っていこうと思います。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼稚園・保育園児】その他の記事

幼稚園・保育園児
もっと見る