注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【赤ちゃんの寝かしつけに超絶オススメ!まんまる育児と5つの神アイテム】

子育て

2019.01.25

“まんまる育児”で赤ちゃんもママも安眠!

生まれたばかりの赤ちゃんがいるママ、「寝かしつけ」に悩んでいませんか?

私も、第一子のときは本当に苦戦しました。


新生児期は特に、起きてる状態でお布団やラックに置くと100%泣いちゃうので、ずっと抱っこ、おっぱい…
夜中に何度も起こされ、手首はけんしょう炎になり、ちょこちょこ飲みでお互い疲れ。

自分も思うように眠れないことがここまでストレスになるなんて、独身時代には全く想像できなかったことでした。

そんなとき出会ったのが、その名も「まんまる育児」!

ひとことで言うと、赤ちゃんが生まれてからも、お腹の中にいたときと同じまぁるい姿勢を保つことで、赤ちゃんが心地よく成長することを目指すもの。
よく寝てくれるのはもちろんのこと、発達にも良い影響があります。

 

トコちゃんベルト考案者で助産師の渡部信子先生が考案された手法で、関連書籍も数多く販売されています。

その中でも特にお薦めの書籍がこちら。

赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本
http://amzn.to/2vJ6Nm0

「まんまる育児」について詳しく書かれているのはもちろん、向き癖を予防する方法や、

ママの元気な身体づくりについても紹介されています。

我が家の場合、第一子は向き癖が酷くて、8歳になった今でも頭の形がいびつなんです。。。

この方法、初めての妊娠中から知っていたかった!!

私の体験談とお薦めアイテムをご紹介しますね。


①首枕

首がしっかり据わるまでは横抱きで、お首を守ってあげることが大切!

この枕を使うことで、生まれたばかりの赤ちゃんのグラグラなお首を守れるのはもちろん、首のコリをほぐすことができ、からだ全身の緊張が緩むそうで、安眠してくれます。

首据わりまでの時期は特に、お首を片手で支えなくちゃ!と必死になって手首を痛めてしまいがちだけれど、これで支えてあげることで、抱っこがとてもしやすくなりました。

1-1

 

②おひなまき

首枕をしてから、おひなまきをしてあげます。

赤ちゃんは、お腹の中では狭いところで身体を丸めているから、外に出てきてからも、身体が丸く包まれていると安心するんですって。
両手をぶわっ!と持ち上げるモロー反射でビックリして起きてしまうことも防げます。

①と②を組み合わせると、こんな感じ。

1-2

ママはもちろん、 上の子に抱っこさせてあげるときも安定して抱っこでき、受け渡しもしやすい!

見た目は賛否両論あるようですが(笑)、試してみると本当によく眠ってくれるので、私は気にしませんでした。

 

購入先(正規品の専用サイト)

トコちゃんベルトの青葉

https://tocochan.jp/contents/goods/?PRID=TP001

③スリング

①②の状態でスリングに入れてあげると、生まれたてのお首が据わっていない小さな赤ちゃんでもスリング内に入れやすく、安定した抱っこができます。

スリングのメリットは本当にたくさんあって、

・泣いていてもすぐに泣きやむ
・丸い姿勢をキープできる
・とにかくよく寝てくれる
・新生児期から両手を離して家事や上の子のお世話ができる
・けんしょう炎しらずになれる
・授乳ケープ、ブランケットにもなる
・薄手の素材なので、真夏でも暑くない
・汚れて洗ってもすぐに乾く
・かさばらないので持ち運びしやすく荷物にならない
・発達に良い

など、ここには書ききれないくらい実にたくさん、いいことづくめ!

しっかり包まれて安心して寝入ってくれるので、おろしても起きません♡
背中スイッチ知らず!

ちなみに私が愛用していたのはこちら。

あっきースリング
http://www.ackeyshop.jp

ここのスリングの良いところは、

・リングタイプで長さを調節できる→成長していく赤ちゃんの身体の大きさに合わせてフィットさせてあげられる
・リングが太いのでテールの布が引きやすい
・ポーチ(赤ちゃんが入るところ)の幅が広いので落下リスクを防止できる
・カラーが豊富

など、お気に入りポイントがたくさん!
指導してくれた助産師さんもイチオシされていた、信頼できるメーカーです。

箱ティッシュと比較してもこんなにコンパクト!
もうスリングなしには赤ちゃんのお世話を語れません(笑)

1-3

 

バランスボール

スリングで抱っこするだけでも入眠率はかなり高いけれど、バランスボールで揺れるとあっという間に寝てくれます!

産後の骨盤はグラグラなので、トコちゃんベルト等で骨盤を締めてから使うのがお薦め。

動物学的に言うと「輸送反応」という本能があり、チャイルドシートやベビーカーに乗せるとすぐ寝ちゃう、というのはこの原理だそうです。

ねんね期を通り過ぎた今、バランスボールは上の子たちの遊び道具になっています。
体幹、鍛えられそう!(笑)

1-4

 

⑤まぁるい寝床

寝んね期の赤ちゃんが過ごす場所は、真っ平らなお布団の上ではなく、まぁるい寝床がベスト。

まぁるい姿勢で寝ついた赤ちゃんを、スリングに入れたまま寝床におろせば、丸さを保てるので起きてしまうことなく熟睡し続けてくれます。

1-5

こんな姿勢で寝付いていれば、確実に3時間は寝入ってくれます。

途中でモゾモゾ動き始めたら、身体の向きを変えてあげるサイン。
右左を均等に変えてあげることで、身体の片方だけに負荷がかかることを防ぎ、向きぐせ予防にもなります。

(注)両手を離してのスリング利用や丸い寝床での横向き寝は、推奨されているわけではありません。実践される場合は、ご自身でのご責任のもと試されてください。


●まとめ●

「まんまる育児」いかがでしたか?

おひなまきの巻き方やスリングの使い方など、コツがいるのは確か。
でも、コツさえつかんで慣れてしまえば、育児のつよ~い見方になってくれること間違いなし!

上の子連れの外出もしやすく夜泣き対策にもなり、とにかくママのストレスが激減します!

 

本を読んだだけでは分からない!という方は、実際にアドバイザーさんから指導を受けてみてください。

https://tocochan.jp/contents/hospital/index.php?PRID=HA005

 

産前産後の骨盤ケアもしてくださりながら、実際に我が子をおひなまきで巻いたり、手持ちのスリングで抱っこする方法を、直接アドバイスしてもらえます。

私は第一子のとき、出張対応してくれる開業助産師さんに自宅まで来てもらいました。
お近くのアドバイザーさんに、ぜひご相談してみてくださいね。

皆さんの寝かしつけのお悩みが、少しでも軽くなりますように。

 

CHANTOママライター/ささきけいこ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【グッズ】その他の記事

グッズ
もっと見る