コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

[ラン活2019]激戦時代に新規参入したVONDSの勝算とは?

子育て

2018.05.31

2018.06.01

セカンドバッグの必要はなし

ランドセルひとつで通学できるように


 

鈴木さん:

収納力も重視したポイントです。ゆとり教育が終わって、教科書の量は数年前にくらべてもだいぶふえました。そのため最近ではランドセルのほかに、セカンドバッグを持つお子さんも多いそうなんです。ただ、セカンドバッグを持つと姿勢が崩れてしまい、お子さんの成長を考えるとあまりよくありません。片手もふさがってしまうので、万が一転んでしまったときにきちんと手がつけない危険性もあります。

VONDSではランドセルひとつで通学できるよう、収納方法に工夫を凝らしました。その代表と言えるのが、筆箱の収納。1、2年生が使用する大きめの筆箱は、ランドセルの中身を圧迫させる原因になっています。そこで、筆箱専用の収納箇所を設けているんです。取り外しもできるので、成長したらそのままポーチとして持ち運ぶべます。

 

_0507_0300

▲とりはずし可能なポーチを装備。

上のポーチには筆箱、下のポーチには折りたたみ傘が収納できる仕組みになっている。

 

最高級の人工皮革を採用

6年間保証だから安心して使える


 

今までのランドセルにない、新たなアイデアが組みこまれているんですね。ちなみに、羅羅屋のノウハウでいうと、どのような部分がいかされているのですか?

 

鈴木さん:

素材に『ララちゃんランドセル』でも使われている、最高級の人工皮革“ベルバイオ5”を使っています。特長は牛革のような上質な光沢感。それに、引っ張りや引っ掻き傷などに強いのもポイントです。自社工場で熟練した職人がひとつひとつていねいに作っているので、耐久性には絶対の自信をもっています。

もちろんご入学からご卒業までの6年間は完全保証。万が一壊れてしまっても、故意の破損以外はすべて無償で修理させていただきます。

 

>>NEXT 8月まで、売り切れはありません

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【グッズ】その他の記事

グッズ
もっと見る