2019.08.16

紺野あさ美さんが吐露する「2人目の宿命」にママも思わず共感!

20190524konno01モーニング娘。の5期メンバーとして活躍したのち、アナウンサーへと華麗なる転身を遂げた紺野あさ美さん。今では2児の母親として奮闘する紺野さんの子育てブログが、ママたちから役立つと話題になっています。

 

“上の子メイン”の状態に陥り葛藤する紺野さん


2017年9月に第1子となる女の子を出産した紺野さんは、今年2月には第2子となる男の子を出産。ブログでは2人目を出産したことにより生じる“葛藤”を綴っています。4月に投稿された「2人目の宿命」と題されたブログでは、

 

いつも、パパにテレビ電話する時はだいたい主役は娘で携帯を奪い取って「ぱぱ!」「たーっち!」「ばっばーい」とパパとの会話を楽しんでいて
息子はまだ首座り前のゴロンな時期で寝てる事も多いし「〇〇(息子)はまた大きくなったよ~」と私が伝えて最後に顔を映すくらいだったけど
昨日は動物園で疲れたのか娘がいつもより早く寝て息子主役でパパとテレビ電話

(中略)

いつも娘が寝てからが息子と2人の時間でいろいろ話しかけてたっぷり溺愛してるつもりだけど、、ついついいろいろな場面で上の子メインになっちゃうのは2人目の宿命なのかな

(中略)

でも、二人とも本当に可愛いよ

 

とコメント。さらに紺野さんは今年3月に投稿されたブログでも、

 

問題は夜で、、寝かしつけの時に寝る部屋で授乳をし始めると
ママを取られたというヤキモチなのか単純に自分1人じゃ寝付けないグズりか娘(上の子)が大泣き

 

と育児についての悩みを吐露しています。紺野さんの葛藤にネット上からは、「下の子が小さいうちは上の子メインになっちゃいますよね」「下の子に手がかかるようになると、上の子がかまってほしくて赤ちゃん返りするかもしれません」との声が。紺野さんの悩みに共感しているお母さんは多いようです。

 

>>NEXT 子ども2人の寝かしつけに大奮闘!?

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。