2019.07.14

近所迷惑!社会問題化する「道路族」子どもを批判の的にするな

190419dourozoku01子どもの大声や騒音は意外と響くもの。「ご近所迷惑かも?」と心配になることもありますが、中には道路上で子どもを遊ばせる親も少なくありません。巷ではそういった人々のことを“道路族”と呼ぶそうですよ。

 

道路で遊ぶ子どもをよそに井戸端会議…


袋小路の一戸建てに住んでいる女性は、道路族に悩まされる日々を送っているそうです。「車も結構進入してくる道路なのに、どうして公園に行かないのでしょうか? しかもうちの庭に、子どもが自転車を乗り入れたりと大迷惑」と頭を抱えていました。

 

女性と同じく、道路族に悩まされる人は多く見られます。「昼間から夜までずっと子どもが遊ぶ声が聞こえる。うるさすぎて仕方ない」「気づいたら車に傷をつけられてるし、母親は知らんぷり。もうどうすればいいのか…」「子どもを遊ばせておきながら、自分たちは井戸端会議に夢中。面倒見れないなら家の中で遊ばせてほしい」など悩みは深刻。

 

では道路族を撃退するためにはどうすればいいのでしょうか? ネット上では「道路に水を撒くのは“テッパン”だよね」「自治会長に相談したほうがいい」「思いきって警察に通報」などのアドバイスが寄せられています。

 

>>NEXT テレビで紹介された道路族の実態

河井奈津

フリーランス。子どもには腹8分目を勧めているけど、ついつい料理を作りすぎちゃうほど食べることが大好き。得意料理はカロリーの高いもの。ラーメンとカレーと丼ものが大好物。人生で何度目か分からないダイエット中。