2019.04.20

休日も良い親になろうと無理してない?子供の相手が体力的にキツいあなたへ

20190416kodomo01仕事が終わると、つい“やる気モード”をオフにしてしまいがち。しかし、自宅に帰ってからも子どもの遊び相手を務めるお父さんは少なくないでしょう。中には仕事で疲労が溜まり、子どものエネルギッシュな行動についていけなくなることも。子どもの遊び相手を、もっと気楽に付き合える方法はないのでしょうか?

 

毎日子どもと遊ぶのは体力的にキツい!


ネット上には、40代の男性から「息子の遊び相手を続けるのがツラい…」という切実な悩みが寄せられています。さらに「もちろん息子が好きですし、毎日遊んであげたい気持ちはある」「しかし仕事後や休日に相手するほど体力に余裕がありません」と心境を吐露。疲れていても“良いお父さん”として振る舞える方法を探していました。

 

彼のお悩みに対して、「うちも子どもがとても元気で毎日『遊んで!』とせがまれます」「全く同じ状況で驚いてる。僕も子どもとのベストな付き合い方に悩んでいるところ」「仕事後の遊びが結構キツいんですよね~」「子どもが中々遊びに飽きてくれない時が一番ハード」と共感の声が続出。

 

彼の頑張りに共感するコメントが多い一方で、「良いお父さんになろうと無理し過ぎなのでは?」「さすがに仕事と子ども相手を毎日続けていたら誰でも体力がもたないよ」というアドバイスも。また、疲れのせいで子どもの対応が疎かにならないか心配する声もあがっていました。無理をして遊び相手を続けていると、「嫌々遊んでいることが子どもに勘づかれてしまう」というケースが考えられるそうです。

 

>>NEXT 夫婦で協力すればもっと楽に!?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。