2019.04.07

習い事を辞めたい… 子どもを尊重するのは甘やかしなのか?

“辞めさせるべき派”と“辞めさせるべきではない派”で議論に!


このお悩みに対しては様々な意見が。“辞めさせるべき派”の人たちからは、「向いていないスポーツを続けるより、他に向いていることを探した方が良いと思います」「息子さんが辞めたいと言っているのに、続けさせることに何の意味があるのでしょうか。無理に続けさせれば、親に対する不信感が芽生えてきますよ」「やる気のなくなったコトを続けるのは時間とお金の無駄だと思います。やる気がないものは上達しない」などの意見が。

 

一方で“辞めさせるべきではない派”も多いようす。「『上達しないから辞めたい』は、どの分野でも一度は芽生える感情。即見切りをつけるものもどうかと思いますよ」「“精神的に成長してもらいたい”という考えなら奥さんの言っていることもわかる気がします」「プロの名選手でも、小学生の頃はパッとしなかったという選手もいますし…」といった声も寄せられていました。

 

議論を呼んだ今回の相談ですが、中には「習い事を始める前に夫婦で話し合って、今回のようなケースになった場合どうするかを決めるべきでしたね」「まずは夫婦の意見を一致させるべき。お父さんとお母さんの意見が正反対で、全く違うことを言われたら混乱するでしょ!」などの意見も。両親の意見に挟まれた息子さんを思いやる声も多く上がっています。

 

>>NEXT “子どもの自由”を尊重している親は多い?

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。