2019.04.06

自転車は下手クソ、海では泳げない…運動音痴なパパの嘆き「息子と遊べない」

子どもと向き合う際に「プライド」は不要!


運動音痴の夫に向けて、妻からは様々なエールが送られています。「いい手本になれなくても大丈夫ですよ!」「子どもと向き合うときはプライドなんか持たないで、もっと素直に遊んであげて。頑張ってるパパを馬鹿にする人なんかいないよ」といった声援が。

 

男性たちからは「運動音痴だというパパはまず、『できない自分を否定しない』をモットーにすべき」とのアドバイスも。「『パパもできないから、どっちが先に出来るようになるか競争だ!』と誘えば子どもも納得するよ!」「手本を求められた時は、ちょっとずるいですが『お前ができるようになってから見せる』と返してました」「パパはできなくてもいいから、お前はがんばれって開き直った」といった対応が上がっています。

 

さらには運動音痴なりに長い間「子どもと遊んできた」という人も見られ、「運動音痴は克服できませんでした(笑)」とコメント。続けて「僕は息子が小学1年生のとき、すでにかけっこで抜かれてしまいました。本当に悔しかったですが、息子は僕の悔しがる姿を見て自信がついたそう。中学では陸上部に入部しています」というエピソードを寄せていました。

 

>>NEXT 「運動音痴を馬鹿にしない環境づくり」が大切?

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。