2019.03.29

ゲームを全消去して夫が膝から崩れ落ちる…子どもが壊す意外なものに驚愕!

20190329kodomo01子どもは色々なものに興味を持ちますよね。好奇心から間違った使い方をして、物を壊してしまうこともあります。「壊されても仕方ない」という覚悟でいても、いざ壊されるとがっかりしてしまうママは多いようです。

 

意外に力強くなった我が子に仰天!


2歳の娘を持つママは、「曲がった眼鏡を手に持つ娘」を見て驚愕。自分の眼鏡が壊されたことにショックを受けつつも、「まさかこんなに力をつけていたとは、想像もしていませんでした… 意外と簡単に壊してしまうのですね」と明かしています。

 

ネット上で見られる「子どもに壊されたもの」には、「“障子を破られる”“ふすまに穴を開ける”のはもう諦めてます」というもはや“あるある”なパターンも。さらに被害が甚大なケースでは、「スマートフォンを高いところから落とし、拾ってはまた落とし… 『触らないで』と言っても聞かず、先日ついに壊れました」「買ったばかりの口紅を根元からへし折られた! 高かっただけにがっかりです」「息子がゲームのセーブデータを全消去。夫が膝から崩れ落ちてた(笑)」「1歳の娘がテレビをお釈迦に。よじ登るという発想は予想外だったよ…」などママたちから悲鳴が上がっていました。

 

また壊されずに済んだようですが、「目を離した隙に、タンスが落書きまみれになってた…」「私の付けまつげが壁に貼りついててビックリ!」「ある日帰宅すると、毛布がスタンプまみれにされていました」といったエピソードも。

 

>>NEXT 「壊れると危険なもの」の対処法

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。