2019.03.25

通知表に見向きもしない夫…勉強を教える横でスマホゲームは流石にない

190322kyouiku01子どもの教育方針について、夫と意見が食い違う時は話し合いでどうにかなりますが、世の中には「教育方針を決めすぎる夫」や「全く決めない夫」もまだ少なくないようで。ネット上では議論が白熱していました。

 

「教育方針に無関心な夫」に怒り爆発!


2月8日放送の『東京らふストーリー』(テレビ朝日系)では、「芸能人の家庭事情ぶっちゃけ!」をテーマに展開。子育て方針を「自分で決めすぎる夫」と、「全く決めない夫」のどちらがより許せないかが議題に上がりました。また同番組で「どちらが許せないか」のアンケートを実施したところ、「子育て方針を全く決めない夫」と答えた人は45%、「子育て方針を決めすぎる夫」は55%という結果に。

 

スタジオではゲストであるファンタジスタさくらださん、坂下千里子さん、近藤千尋さんの3人が「全く決めない夫が許せない」という回答で一致していました。フットボールアワーの後藤輝基さんが「学校に行く回数はお母さんの方が多い。任せた方がいいのかと思っていた」と発言したところ、ゲストから猛反発を受けています。

 

ネット上でも「教育方針に無関心な夫」が話題になっていました。「学期末だというのに、夫は通知表に目もくれない。教育に興味がなさすぎる!」「私が頑張って勉強を教えている横で、スマホでゲームをしている夫。子どもの気が散るし、少しは手伝ってよ…」「夫が教育に無関心だと、すごく疲れますよね。子どもが悪さをしても『まあ、いいんじゃない?』となだめてくるけど、いいわけありません」といったお怒りの声が続々と登場。

 

>>NEXT 「教育方針に神経質すぎる夫」に対してもイライラ…

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。