2019.04.11

ベビー用品は新品主義!正直、お下がりは欲しくないママの本音

20190304baby01自分に子どもが生まれた時は、周りに先輩ママがいると心強いですよね。中には使わなくなったベビー用品をくれる人もいるかもしれません。しかしベビー用品の“お下がり”に関しては、場合によって“ありがた迷惑”となってしまう可能性があるようです。

 

ベビー用品のお下がりを欲しがらない人も多い?


以前ネット上では、ある女性の相談が大きな注目を集めていました。1年前に出産したばかりという彼女の話によれば、「私は友人や親類からベビー用品のお下がりをたくさんもらい、おかげでとても助かっています」「そして最近周りに妊婦さんも増えたので、今度は自分が助ける番だと思いました」とのこと。

 

しかしその妊婦さんたちは、皆一様に「ベビー用品は新品を揃えたい」と主張します。彼女は「お下がりを強要する気はないのですが、これからも子どもの出費はどんどん増えますよね? お金持ちならともかく、収入はどの家庭もウチと変わりません」「いつかお下がりが必要になるかもしれないので処分はしないでおこうと思いますが、新品主義の人はこれからもずっと新品主義なのでしょうか?」と、ため息交じりに意見を募りました。

 

すると世間のお母さんたちからは、意外にも女性を諫める声が続出します。「気持ちは分かりますが、新品主義の人は多いと思う。『お下がりで良ければいくらでもあげるからね』と一言だけ伝えておくのがベストだよ」「人によって好みも違うからねぇ…」「私も人からお下がりは欲しくない。何となく抵抗感がある」など、様々な指摘が見られました。

 

>>NEXT 相手によってはお下がりを断れない場合も…

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。