2019.02.11

我が子の自己肯定感・自立心を高めるアメリカ式育児

「自立」は「ひとりでなんでも解決できる」ではない

education201902

まず1つめの「自立」についてです。アメリカでは小さい頃から自室を与えたり、「あなたはどうしたいの?」「どう思っているの?」という質問をすることで、子どもの自立を促しています。例えば、朝食のパンに塗るのをバターにするのか、ジャムにするのかなどの選択をさせたりと、小さなことでも選択の積み重ねで「自立心」だけでなく「自己肯定感」も育てると言われています。

また、アメリカでは自立した個人を目指す一方で、「Interdependence(相互依存)」も重視されています。ここで言う相互依存とは、家族や友達同士などで困ったことが起きた時に助け合っていく関係性を意味します。いわゆる持ちつ持たれつの関係ですね。

日本だと問題が起きても自分でなんとかするのが自立であるというような考えがありますが、アメリカでは必要な時にSOSを出せるようになることも自立の重要な要素であるという考え方があるんです。

今回話を聞いたアメリカで暮らすママによると、

「娘の通うプリスクール(幼稚園)の子どもたちは助けを呼ぶハードルが低くて、初めて会う大人にもちょっとチャックを閉めてくれない?とか人形のお洋服を着せるのを手伝ってとか聞いています。困った時に誰かに助けを頼むハードルが低くていいなと思っています」

と、小さな頃から人に頼ることが当たり前であることがわかります。

このママの子どもが通うプリスクールは、子ども同士で助け合う機会を作るのがとても上手で、”Can you help me?”(助けてくれる?)という言葉をよく使うように薦めているそう。生きていれば、人に迷惑をかけない人なんていません。そう考えると、上手な助けの求め方を小さい頃から学ぶのは大事なことですよね。

親自身が人を頼る姿を見せるのも、子どもに「人を頼っていいんだ」と思わせるいいきっかけになるそう。日本のママたちはつい「自分のことは自分で」と頑張りがちですが、たまには人を頼る姿を見せるのもいいかもしれませんね。

>>NEXT 人前でもとにかくほめる!

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

阿部祐子

出版社に勤務したのち渡米し、長男を出産。帰国後はフリーライターとしてWEBメディアを中心に執筆を行う2児のママ。CHANTO webでは主に育児、アート、ハンドメイドなどの記事を担当。ライター業とともに、がま口作家としても活動している。週末は趣味の建築巡りと街歩きに、夫と息子たちを連れ回している。