2019.02.04

インフルエンザで学級閉鎖… 出勤できないママに会社の理不尽な文句が降りかかる

子どもが元気だと理不尽な文句を言われてしまうことも…


会社によっては、誰か1人の休みが大きな影響を及ぼすことも。特に学級閉鎖が理由であれば、最悪の場合1週間近く休む可能性も出てきます。

 

 

実際に休んだ経験のあるお母さんは、「めちゃくちゃ文句を言われた。『子どもがインフルエンザにかかってる訳ではないんだよね?』と聞かれた時はさすがに腹が立ったなぁ」「こっちも申し訳ない気持ちでいるのに、不機嫌な対応をされて本当に納得がいかない」「会社は納得してくれたけど、同僚や上司からは散々嫌味を言われたよ…」などの経験談を明かしていました。

 

もしも子どもがインフルエンザにかかっているなら、さすがにお母さんが休まない訳にはいきませんよね。一方で「学級閉鎖になっただけ」という状況では、「どこかに預けられないの?」「祖父母に面倒を見てもらえばいいのに」と返されてしまう場合も。

 

世間のお母さんたちは最終的に、「結局いつも働くお母さんだけが苦労する」「中学生や高校生の子どもが心配だと言ってる訳ではないんだから、多めに見てくれてもいいでしょ」「安易に預け先を探せとか言ってくる人は本当に非常識だと思う」「国が変わらなければこの先も毎年同じような問題に苦しめられる人が出てくる」と怒りの声で掲示板を埋め尽くしていました。

 

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。