2019.01.31

買ってよかった!キッチンで役立つミニマムグッズ

突然ですが、キッチン周りって整理できていますか? ついつい毎日の料理の支度、買ってきた食材の収納など、今すぐしなくてはいけない家事に追われ、キッチンや冷蔵庫の整理はまた時間があるときに…と後回しになりがちですよね。私もそうです。また今度、また今度、と思っているうちにいろいろな調理器具やタッパーが山積みになっていき、一番忙しい朝の時間に上からタッパーが落ちてきてイライラするということがよくあります。

 

一度整理した我が家のキッチン

そんな日々に嫌気がさし、「一番の解決法は物を減らすことだ!」と思い立ったわたし。引っ越しのタイミングも重なり、一度我が家のキッチンは大々的な片づけを行いました。かなりの量の調理器具を捨てました。フライパン1つ。鍋2つ。ざる1つ。フライ返しとおたまを兼用したフライ返し1つ。菜箸1組。かなり数少ない調理器具で半年ほどキッチンに立ってみたところ「少なくてもなんとかなるものだな」と深く実感。

一度断捨離した私ですから、新しくキッチングッズを買い足すときにはかなり厳しい目になります。何かを買い足そうかと思っても、まずは100均で試し買いして使ってみて、不要と感じたら捨てることもあります(もったいないですが、すみません)。そんな私が、断捨離後に買い足してとても役に立っているアイテムを紹介します。共通点は「小さめ」ということ。どれも一度使って見る価値アリの太鼓判商品です!

 

小さめ卵焼き用フライパン

画像1

画像2

まず、毎朝のお弁当作りに欠かせないのがこちら。かなり小ぶりな卵焼き用フライパンです。ホームセンターにて600円前後で購入しました。表面にテフロン加工がほどこされていて少量の油で卵焼きなどが焼けます。

このフライパンのいいところは卵1個でボリュームのある卵焼きが作れること。このフライパンを購入する前は横幅が2倍ぐらいある一般的な長方形の玉子焼き器で卵焼きを作っていたのですが、卵1つで作ると2回ほどしか巻けずぺちゃんこになってしまい、卵2つを使うと量が多すぎて余るという状況でした。それがこの卵焼き用フライパンを買って即解決! 卵1つでふんわりボリュームのある卵焼きが作れます。しかも汚れが付きにくいので卵焼きを作った後はキッチンペーパーでササっとふき取ってそのままウインナーを焼いたり野菜をいためたりと大活躍。ちなみに画像では、さつまいも焼きと、ミニトマトのチーズ焼きを作っています。

お弁当を3つ以上用意するご家庭にはおすすめしませんが、我が家では夫と幼稚園の娘の2人分のお弁当を用意しますので十分なサイズです。

 

小さめのザル

画像3

こちらもおすすめです。手のひらより小さいぐらいざる。断捨離後は大きいザル1つで過ごし、パスタやそうめんの湯切りもサラダの水切りも1つのザルでこなしていました。しかしマカロニサラダ用のマカロニを少しだけ茹でているときに、大きなザルを使おうとしたらすでにサラダ用のレタスの水切りに使われていて困ったことがありました。それがきっかけで一つ買い足してみたのですが、小さいザルって買ってみると毎日使うぐらい出番が多いです。今日も買ってきたミニトマトをザルの中で一気に洗ってヘタを取り、水を切って冷蔵庫にしまいました。

小さいザルのいいところは、使用後の洗いやすさと乾きやすさ。清潔に保てて出番もかなり多い調理器具です。

 

ジャムスプーンを小さめのゴムベラとして

画像4

大人気の無印良品のシリコン調理スプーンと並んで、私が隠れた名品だと思っているのがシリコンジャムスプーン。瓶に残ったジャムをきれいにすくえるのが本来の用途ですが、可能性は無限大。我が家では味噌汁の味噌をすくって鍋に入れて混ぜる時、ホットケーキミックスでマフィンを作る時に愛用。それから娘が赤ちゃんの時の離乳食づくりにもおかゆを混ぜたりジャガイモをつぶしたり大変お世話になりました。

熱に強い素材で、全長19cmとカレースプーンより少し長いぐらいの大きさがちょうどよくて、気づくとなんだかんだ毎日使っているアイテムです。

 

 

小さめグッズのメリットは軽くて収納しやすいこと

小さめグッズ共通のメリットとして、収納場所に困らないということがあります。たとえば小さめの卵焼き用フライパンはかなり軽量なので、我が家では吊り収納をしています。通常サイズのフライパンであれば耐荷重量をオーバーしている箇所にフライ返しとセットで掛けておけるので使うときも便利で助かっています。

軽くて収納場所に困らないということは普段の生活の中で想像以上にストレスを減らしてくれます。というのも、小さいということは洗い場シンクや食器乾燥スペースでも場所を取らないということです。さっと取り出して使う、洗う時もシンクを広く使いながら流せて、乾くのも早い。小さめグッズを使うと、この流れがとてもスムーズです。気軽に取り出せてささっと収納できることは、買う前に予想していたよりもずっと私のキッチンライフを快適にしてくれました。

 

 

いかがでしたでしょうか?以上3つの小さめアイテム、我が家では大活躍しています♪ 一物が増えてジャマになるイメージもあるかも知れませんが、一度使ってみると使う・洗う・しまうのサイクルが順調に回るので衛生的で省スペースですよ。同じように悩んでいる方のご参考になれば幸いです!

 

CHANTOママライター/本庄なべ子

本庄なべ子

大阪府在住ライター。京都大学卒業後、出版社勤務を経て2016年1月に娘を出産。産後うつになりかけた経験から、親子で達成感を味わえる簡単料理とおもちゃ工作が得意。趣味は旅行と百均パトロール。