2018.11.15

過保護よりヤバい過干渉な親…危険ゾーンはどこから!?

小さいうちに気をつけること


幼児期には、危ないことや社会のルールに反することはきちんと叱ってやめるように言ったり、正しいやり方を教えたりする必要があります。 

それがいつしか過干渉になってしまわないよう、子どもが小さいうちに気をつけておくと良いのは、次のようなこと。

 

 

必ず守るべきルールと、人それぞれで良いことを区別する

「道路にいきなり飛び出さない」「おもちゃを貸してほしい時は奪い取るのではなく、まず頼んでみる」など、誰もが守るべきルールがあります。

反対に、「児童館に着いたらどのおもちゃで遊ぶか」「服のコーディネート」などは、子どもなりに考えた結果であれば、基本的に自由なはず。

これらを混同した結果、「ほら、今誰も使ってないんだからこのおもちゃで遊びなさい!人が増えてきたらなかなか回ってこないんだから今のうち!」と強制してしまう…といった過干渉につながってしまうのですね。

 

人目を気にしすぎない

自分自身が過干渉な親に育てられた人や、義理の両親と同居している人に時々見られるのが、子どもの気持ちではなく周囲の人の目・評価を気にしすぎてしまうこと。 

子どもが離乳食を食べ残す、おむつが取れるのが(義母などから見て)遅い…などについて注意されると非常に気になってしまい、逐一子どもの行動に手を出したり、ダメ出ししてしまったりするケースもあります。

なかなか難しいことですが、子どもの評価=自分(母親)の評価ではないことを繰り返し思い出して、できるだけその子の成長ぺースを守ってあげたいですね。

 

>>NEXT 口を出しそうになったら、将来を想像してみて

≪ BACK 1 2

3

4 NEXT ≫

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。