2018.10.02

2人目出産…子供の年齢差はいくつが理想?

shutterstock_612626990

お子さんが一人いて、これから二人目・三人目を考えているママの疑問のひとつに、「きょうだいって何歳差がいいの?」というものがあると思います。もちろん、子供は授かりもの。年の差が思い通りになるとは限りませんが、先輩ママの声を聞いてみると、やはり年齢差ごとのメリット・デメリットが存在するようです。参考にしたいですね!

 

赤ちゃん期から幼児期にかけての大変さは、年子~2歳差がダントツ


まずは、年子や1歳差のお子さんを育てたママたちの声を紹介します。

「男の子の年子でしたが、ハチャメチャすぎて、下の子が3歳になる頃までの記憶は飛んでます!」

「1歳の上の子に離乳食のバナナを食べさせながら、つわりで吐いてました」

「2歳の上の子が歩いて公園に行くというのでベビーカーに下の子を乗せて出発したら、やっぱり自分が乗るって言いだして…結局下の子を抱っこしっぱなし」

「両腕抱っこは日常茶飯事で、いつも腰が悲鳴をあげてました」

 

年子育児が本格的に修羅場を迎えるのは、二人目が歩き始めた1歳頃からのようです。一人でも目が離せない1歳~2歳児を常に2人見ておかなくてはならないので、ママはいっときも気の休まる暇がないですよね。

 

年子の場合は、上の子もまだ赤ちゃんみたいなものなので、せっかく自立しかけたのに赤ちゃん返りで弱ってしまう…という悩みは少なくて済むようですが、2歳差の場合、上の子のイヤイヤ期と赤ちゃん返りが重なって壮絶なことになった!というママの証言も多数あります。

 

0歳~2歳児は保育料も高い上、産休が続くので収入はダウン。月々の家計への負担が大きいというデメリットもありますね。

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。