2019.08.14

絶叫系アトラクションに子供を無理やり乗せる夫「トラウマになったら…」

子どもの気持ちを考えるべき!?


子どもがイヤがっても絶叫系に乗せる父親は多いようですが、「トラウマになったらかわいそう」という人も。“無理に連れて行かない派”からは、「イヤなことを無理にさせたくない」「トラウマを与えないためにも、子どもの気持ちを最優先で考えてます」「以前妻に全力で止められて、反省したことが…。それからは無理強いしないよう気をつけてる」などの意見が寄せられました。

 

イヤがる子どもを連れて行こうとする父親に対して、「子どもがやりたくないことを無理にさせるのではなく、まずは納得できるように説明してみては?」「相手の立場になってものごとを考えて。自分の好きなことや楽しいことが、子どもも同じとは限らないよ」「他にも楽しいアトラクションはあるし、違う選択肢も考えた方が良いと思う。人気の絶叫系を避ければ、待ち時間の短縮にも繋がるはず」というアドバイスも。子どもがイヤな気持ちにならないよう、“強制”以外のアプローチも考えた方がいいかもしれませんね。

 

絶叫嫌いな子どもが多い中、反対に父親が苦手なパターンも見られました。その場合の対応として、「絶対に乗りたくないから妻に任せて一緒に乗ってもらう」「絶叫系好きの子どもに合わせて、我慢しながらでも頑張って乗る」「最終的には乗らないけど、順番が来るまでは子どもと一緒に並ぶ」「違う乗りもので釣って、なるべく乗らないように誘導します(笑)」などの声が。子どもに合わせたり、他の人に任せたりと試行錯誤しているようです。

 

>>NEXT 絶叫系が苦手な人の割合

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。