2019.07.14

歯が生え始めた幼児期のおやつ!さつまいも派が多数!?

幼児期のおやつとして人気の蒸かし芋

子どもが“幼児期”に入り、育児がさらに忙しくなった女性も多いのでは? 食欲が増してくると、どんなおやつをあげるべきか悩みますよね。ネット上では、幼児期の“おやつ”に関する意見が寄せられていました。

 

幼児期の“おやつ”は何がおすすめ?


世の女性たちは、一体どのような“おやつ”を子どもに与えているのでしょうか?「歯が生え始めてきた時は、バナナが多かったかな」「果物が入ったヨーグルトをよく食べさせてる。具材も細かく刻んで食べやすくしてます」「歯が丈夫になってきたらリンゴをあげてた」など、“果物類”を推す人が多くいました。また、「リンゴをすりおろして飲み込みやすくしました」「ヨーグルトに混ぜてあげると食べやすいよ」といったアドバイスも。

 

果物以外に目立っていたのは「さつまいもがおすすめ」という意見です。柔らかい食感としっかりした甘みが子どもに好評で、先輩ママさんからも「蒸らした“さつまいも”はおやつの時に活躍してた」という声が続出中。

 

手作りのおやつを用意する人も多く、「ウチの子どもは“きな粉”が好きだったので、マカロニにまぶして食べさせてる」「虫歯になるのが心配だから、甘くないパンケーキを作った」「小さいおにぎりを作って持ち運んでます。外出する時はカバンに忍ばせておけば助かるよ」といった意見もありました。

 

>>NEXT “市販のおやつ”にはどんなメリットが?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。