2019.07.04

将来子供の進路を制限しかねない…学費貯金みんなどうしてる?

進路によって大きく変動する「学費」。子どもがどんな道に進むかはわかりませんが、できるだけ貯めておきたいものですよね。そこで今回は、「学費の貯金方法」について注目していきましょう。

 

学資保険や定期積立を利用する人も!


子どもが生まれたばかりという男性は、「将来かかる学費」についてお悩み中。「私立や公立、文系と理系によっても変わりますよね。今のうちから貯金していないと、将来子どもの進路を制限してしまう… 皆さんはどうやって貯金してますか?」と投げかけていました。

 

男性のように、子どもの学費について悩む人からは共感の声が。「うちは中学校まで公立に通わせる予定だけど、高校以降はわからないよな…」「夫婦どちらも理系なので、子どもも理系に進むと思ってます。目標は800万円ですが、もし『医療や芸術系に進みたい』と言われたら足りませんよね」「どんな進路に進んでもいいように貯金したい。でもそれだと目標が見えなくて、生活が苦しくなってしまう」「貯金しておいたほうがいいとは思うけど、大体いくら必要なのかもよくわかってない」といった声が続出しています。

 

また企業や銀行のサービスを活用する人も少なくありません。「銀行の定期積立でお金を貯めてます」「子ども用の銀行口座を作って、投資信託をしてる。リターンも結構多いので18年後が楽しみ」「ひとり暮らしも踏まえて考えると、大体1000万円が必要になってくる。祝い金などが貰えるプランもあるから学資保険に入った」などの声が。

 

>>NEXT 学費に奨学金制度って活用する?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。