2019.06.19

忘れ物がひどい!小学生の我が子を変える叱る以外の手段

20190619wasuremono01

子どもが幼稚園や小学校に通い始めると、増えてくるのが“忘れ物”にまつわるお悩み。注意しても直らない子どもに、手を焼いているママさんも多いようです。子どもの忘れ物を減らすには、一体どのような工夫が必要なのでしょうか?

 

忘れ物が多い子どもに悩む人続出!


小学校1年生の子どもを持つ女性は、「うちの息子はよく宿題を学校に忘れてきます。本人に注意しても改善されません」「普段から忘れ物が多い子は、どう言い聞かせればいいのでしょうか?」と悩んでいます。

 

他のママさんたちからも、「私の娘も学校に体操着や筆箱をしょっちゅう置いてきます」「子どもに注意しても忘れ物って全然直らないよね。この前は手さげカバンを持たずに帰ろうとして先生に呼び止められたみたいです…」「学校でもらったプリントをすっかり忘れているらしくて、自分から渡してくれない」といった共感の声があがっていました。

 

カバンやプリントだけでなく、“約束”を忘れる子どもに困っている人も。「遊びに夢中になるとダメみたいで、習い事やお出掛けの時間になっても帰ってこないことがあります」「友達の家に行く約束をしてたらしいんだけど、完全に忘れてすっぽかしてました」というエピソードも寄せられています。

 

>>NEXT 子どもの忘れ物を少なくする工夫とは?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。