2019.06.22

知ってる?むーさんの手作りおもちゃがTwitterで大人気

育児中のデザイナー・むーさんが紹介する手作りおもちゃが簡単でかわいいとTwitterで話題になっています。

 

きっかけは3月にむーさんが公開した、空のペットボトルに水と蓄光ストーンなどを入れた光るおもちゃ。手軽な作り方だけでなく、振ると水の音とストーンの音が楽しく、さらに暗くすると光るため子どもの心をつかんで離さないと注目が集まりました。

 

このおもちゃにはリツイートといいねが併せて1万2000近くつき、「渡すと娘がキラキラした目で見つめていました」「息子もきれいと言って毎日遊んでいます」など全国のママ・パパからコメントがたくさん寄せられています。

 

むーさんが作るのは「簡単でかわいい、ゆかいな手作りおもちゃ」。どれも身近にある材料を使った、どこかユーモラスなものばかりです。

今回は、数ある作品の中から2つのおもちゃの作り方を特別にご紹介します。1歳前後~2歳くらいのお子さんの指先感覚を育てるのにおすすめです!

 

穴に落とすのが楽しい!ポットンストローくん

1906childcare01

かわいい顔のこちらは、ケチャップの空容器を用いた棒落とし。穴にストローを入れて遊びます。ふたを閉めて、マラカスのように振っても楽しめますよ。

 

1906childcare02

カラフルな色合いが子どもの興味を引くこと間違いなし!

遊ぶときは
まずは大人がストローを穴に落とすところを見せてあげましょう。ボトルが軽いので自分で持てるようになるまでは、支えてあげるといいそうです。

 

【材料】
・ハインツ トマトケチャップ逆さボトル 250gの空きボトル
・ストロー
・ビニールテープ(白、青、黄色、赤などお好みで)
※ストローやビニールテープはダイソーなどの100円ショップで購入可能。

 

【作り方】(所要時間:20分程度)
①ケチャップボトルのふたについている「液だれ防止ノズル」を外します(お箸などを使って押し出すと取ることができます)。
②ビニールテープで好きな顔を作りボトルに貼ります。
③ストローを半分に切り、ボトルに入れて完成!

 

>>NEXT 細い棒でさらに難易度アップ!

阿部祐子

出版社に勤務したのち渡米し、長男を出産。帰国後はフリーライターとしてWEBメディアを中心に執筆を行う2児のママ。CHANTO webでは主に育児、アート、ハンドメイドなどの記事を担当。ライター業とともに、がま口作家としても活動している。週末は趣味の建築巡りと街歩きに、夫と息子たちを連れ回している。