2019.01.21

これだけは言わないで!夫婦喧嘩をしてしまったときのNGワード

28-1

「喧嘩するほど仲がいい」ということわざがあるように、夫婦喧嘩をすることは決して悪いことではありません。しかし、お互いが深く傷つき、二度と以前の関係に戻れないような喧嘩もあります。

今回は夫婦喧嘩の原因と喧嘩の際に言ってはいけないNGワード、夫婦喧嘩の心得をご紹介します。

<夫婦喧嘩の原因とメリット>

世のご夫婦は、一体どんな原因で喧嘩をしているのでしょう。ちょっと興味ありますよね。早速見ていきましょう。

・日常生活の態度

部屋を散らかして片付けない、家事や育児を手伝ってくれない、毎日帰宅時間が遅いなど、日頃の生活態度は目に見えるだけに、つい厳しく非難したくなりますね。

・コミュニケーションの仕方

受け答えが乱暴、言い方がキツイなど、相手の話し方や応答の仕方にカチンとくる人が多いようです。逆に仕事に行ったまま何の連絡もなく、深夜に帰宅するといったように、相手とのコミュニケーションを怠るせいで起こる喧嘩もあります。

・趣味や趣向

料理の味付けや休日の過ごし方、行きたい場所など、お互いの好みが合わず、でもどちらも譲れなくて喧嘩をすることが多いようです。

この他には、生活の基盤となるお金のこと、両親や義両親、兄弟との付き合いについてなどがありました。

夫婦喧嘩のメリットは、お互いに溜めていた小さな不満や我慢を出し合うことで、夫婦関係をリフレッシュできることです。夫の場合は「言われて初めて気が付いた」といったように、家では気を抜き過ぎるあまり、妻の神経を逆なでしていることに気づかない方も多いので、こちらの気持ちをしっかり伝えることは、お互いの理解につながり、より夫婦関係が良くなるのです。まさに「夫婦喧嘩は犬も食わない」というのはこのような場合です。

富樫 真由美

富樫真由美
保育の仕事をしながら子育てをした経験を活かし、ライターをしています。