2018.09.27

親戚中から「婿を連れてこい」 サラリーマン家庭も他人事ではない”跡取り問題”

20180927_atotori_01長男・長女に生まれると、親や親戚から後継ぎの話をされる人も少なくありません。家が代々続く老舗ともなれば、後継者の不在は由々しき事態。さらに最近では少子高齢化や意識の変化により、親世代と子世代の考え方も変わってきているようです。

 

サラリーマン家庭でも跡取り・後継ぎ問題はある?


とある女性は、親戚中から婿を連れてこいと迫られた経験があるそう。しかし「なぜ長男の1人娘だからという理由だけで継がないといけないのか」と、納得のいかない部分があるとのこと。親戚連中が騒いでいるだけと割りきってはいますが、やはり跡取り・後継ぎ問題はどこの家にもあるのか気にしているようです。

 

同じ経験をした人は少なくないようで、「祖父母から言われることがある。でもウチは特に家業もないので、『何言ってんだ?』という感じ」「自営業とかなら気持ちは分かるけど、サラリーマン家庭に後継って意味分からないよね」「自分も親戚から言われたことがあったけど、正直古い考え方だと思う」「ウチは義父母がうるさかった。はっきり言って『あなたたちの何を継ぐのか?』と思ってたけど」といった声が続出。一般的な家庭での跡取り・後継ぎ問題には、否定的な意見が多く見られました。

 

逆に多くの人が“代々続く老舗”や“珍しい苗字”など、特別な理由がある場合は跡取り・後継ぎという考えに肯定的。中には、「若い世代の人だって『家柄が…』というような話をしている印象。なんだかんだ跡取り・後継ぎという概念はみんな持ってるよね」と指摘する人も。

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。