2017.09.01

自然妊娠を実現!不妊治療をする前に実践してみてほしいこと

「妊活」という言葉が社会に浸透し、「不妊治療」を行う夫婦が増えていますね。とってもセンシティブなことなので、なかなか授からなくても悩みをオープンに打ち明けられない方も多いのではないでしょうか。今回は、無月経・不正出血・多嚢胞性卵巣を自力で克服して自然妊娠に至るまでに実践したことを、ご紹介します。

 

不妊体質だった頃の身体の、生活要因


独身だった頃は仕事に明け暮れる反面、ホルモンバランスが絶不調でした。とても妊娠できる状態ではなかった当時の生活を振り返ると、睡眠不足や運動不足など、様々な要因があったと思います。

その中でも、「食」が一番大きな要因だったと感じています。

 

✔️過剰な糖質摂取

20170901-1

自炊は一切しておらず、手軽さから炭水化物に偏りがちでした。甘いお菓子も大好きで、一度つまむと止まらなくなるスパイラルにはまりながら、ついムシャムシャとつまんで食べていました。太りたくないから、カロリーを摂りすぎた罪悪感を取り払う為に、食事をスキップするなんてこともよくしてしまっていました。

 

✔️不規則な食事時間

夜遅くまでオフィスにいたので、帰りがけに何か食べ、帰ったらお風呂に入って寝るだけでした。朝起きても疲れが取れずにダルかったのは、睡眠中、食べた物の消化にエネルギーが使われてしまい睡眠の質が悪かったからでしょう。本当に体を痛めつけてしまっていたと、反省しています。

様々な要因があったと思いますが、

 

女性はなかなか、甘いものを止められなくないですか!?

ストレスが溜まってしまっている時は特に、「たくさん食べた〜い!!」と糖質祭りをしたくなってしまわないでしょうか。夜遅く、寝る前にしてしまうと、罪悪感だけが残りますよね。甘いものが好きな方は、それが不妊の原因の1つとなっているかもしれません。私は、甘いものとの付き合い方を変えたら、体の状態が良くなり、妊娠も自然とできる体質になっていたと思います。

実践したことを、次にお伝えしますね。

大食いしたくなった時は、たんぱく質を選択!


炭水化物ばかり食べていると、そのスパイラルもあり、食べても食べてもお腹が空きます。35℃代の低体温であったことや生理がこない状況から、身体が栄養失調状態になっているのではないかと、考えました。

中でも、筋肉となり血となる「たんぱく質」の不足を感じたので、どかっと大食いしたくなった時には糖質ではなく、ひとまず量は制限せずに、たんぱく源となる食べ物を選択するようにしました。

20170901-2

私のおすすめは、ナッツ類です。

よく噛みながら頂くと、必要な栄養が体中に行き渡る感じで、心も身体も満足します。糖質を食べた時のように、もっともっと、のスパイラルは起きません。ナッツ類って、高カロリーと思って敬遠されている方もいるかもしれませんが、1つ参考情報としてお伝えしておくと、一度に200g位食べる時もありましたが(カロリーにすると軽く1000kcalを超えます)、太ることはありませんでした!

甘いスイーツなどを食べた時の方が、むくみなど後にひきずりました。それだけでなく、ダルくなったり眠くなったりして、その後のパフォーマンスにも悪影響がありました。「食べた〜い!!」という衝動にかられた時は、エンプティーフードでなく、身体の骨となり血となり筋肉となる、身体が欲する栄養あるもの、を食べるようにしてみることをおススメします。

 

甘いものが食べたくなった時は、加工度が低いものを選択!

菓子折り一箱を一気食いしていた私でさえも、野菜などで充分にミネラルも摂りながら、たんぱく質の摂取を意識していると、あまり甘いものが食べたくなくなりました。

それでも時々、何だかちょっぴり甘いものを頂きたいなぁという気分になります。そんな時は、白砂糖が入ったものではなく、自然の甘みを口にするよう心がけました。

20170901-3

河内菌本舗の「麹屋の甘酒」が、私の中での、甘いもの欲求に駆られた時の助っ人です。粘度が高いので、スプーンですくって食べることができ、満足感を得られます。

きな粉を混ぜて食べるのもおすすめです。

20170901-4

お通じが良くなるという、嬉しい効果も得られます^^

 

甘いものとの付き合い方を制する者は、妊活・不妊を制する!

子供が欲しい!それは、藁にもすがりたい気持ちだと思います。本格的な不妊治療は、費用も大きくかかりますし、身体にも心にも負担がかかりそうです。まずは、誰でも今日からできる実践法、ぜひ試してみてください。どうか、希望の生命を授かりますように。

CHANTOママライター/佐野亜衣子

佐野亜衣子

ママの為のお手軽オーガニックライフコーディネーター。不動産投資家。「身体にやさしく地球にやさしく。子どもたちの為に美しい地球を」をモットーに活動中♡ Instagram: organiclife_aiko