注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子供のヘアカットは自宅セルフ!?美容院デビューは何歳から?

子育て

2019.12.21

少し前には「爆毛赤ちゃん」がSNSで話題になりましたが、そこまでフサフサではなくとも、早ければ1歳過ぎから必要になってくるのが子どものヘアカット。

 

世間のお子さんはママやパパが自宅でカットしているのか、美容院で切ってもらっているのか…アンケートでたずねてみました。

 

子どものヘアカットの頻度や美容院には何歳から行くのか、髪型にまつわる悩みなどのアンケート結果も紹介します。

子どもの美容院デビューは何歳から?

今回は、0歳から中学3年生のお子さんのいるママ・パパ20人に、「何歳から美容院でカットしていますか(するつもりですか)」と質問してみたところ、回答は以下のような結果となりました。

 

  • 赤ちゃん(0歳~1歳)の頃から…1人
  • 2~3歳から…4人
  • 4~5歳から…10人
  • 小学1年生…3人
  • 小学3年生…1人
  • その他(子どもがお店で切りたいというまで)…1人

 

上記を見ると、おおむね早い子で2~3歳から美容院に通い始め、4~5歳で美容院デビューする子がもっとも多かったことが分かります。

 

3歳代から美容院に連れていくようになった女の子のママFさんによると、

 

「落ち着いて座っていられそうな年齢になったのと、本人がおしゃれ好きなので美容室で髪を切ってもらうことが嬉しいのではと思い、美容室に行くようになりました」

 

また、現在5歳の女の子のママKさんは、

 

「これまでに1回だけ、お店でヘアカットしてみたいと娘がいうので、近所の床屋さんで切ってもらいました。今はまたロングヘアにしたいそうなので、この1年ほどカットはしていないです」

 

と、本人の好みを尊重して決めているようです。

 

そのほかの理由としては、

 

「長男が3歳までは私がカットしていましたが、1時間くらいかかってしまい、重労働でした。二人目を妊娠して体勢もつらくなってきあたりで美容院に通うことにしました」(Mさん・32歳・4歳児と0歳児のママ)

 

「上の子(女の子)の場合、髪が伸びてきてもひとまずゴムで結んだりできますが、下の子(男の子)はいまの日本ではまだ男児は短髪という社会通念が強いため、両親とも上手にカットしてあげられないわが家ではプロに頼むしか…」(Aさん・35歳・6歳児と3歳児のパパ)

 

「自分が子どもの頃にはずっと親が家で切っていたのですが、好みも聞き入れてくれないし、プロとはやはり仕上がりが違い、同級生と比べてかわいくない…という嫌な思い出が。わが子にはそんな思いをさせたくないので、遅くとも小学校までには美容院でカットしてもらおうと思います」(Mさん・30歳・0歳児のママ)

 

「息子はクセ毛なので、親がカットしても乾くと不揃いになっちゃうんですよね…。子どもでも散髪代はバカにならないので、今は大人と一緒にカットすると子ども1名が無料になる美容院を見つけて通っています」(Hさん・32歳・3歳児のママ)

 

など、それぞれの事情から美容院デビューの年齢を決めているようです。

自宅セルフカット派、3種の神器は「はさみ・バリカン・ケープ」

一方、自宅セルフカット派のママ・パパにはこんな理由があるようです。

 

「子どもが小さい頃に一度美容院に連れて行ったのですが、はさみが怖くてムリでした…特に目の周りが怖くて泣くので、ずっと前髪は作らず後ろだけなんとか家でカットしてました。今は小学生なのでやっと美容院で切れるようになりましたが、普通に切れるようになったのは入学してだいぶ経ってからでしたね」(Hさん・37歳・小学2年生のママ)

 

「もうすぐ1歳ですが、まだ髪が薄く短いまま。ヘアカット…というイメージが浮かびません」(Jさん・28歳・0歳児のママ)

 

「息子、髪が薄くて全く伸びないため、半年に一回家で10分バリカンするだけで十分です」(Yさん・31歳・2歳児のパパ)

 

「6歳の娘は、日頃は私が前髪などを揃える程度ですがバッサリ切る時のみ美容院でお願いしています。3歳の息子は、本人が言い出さない限り、これからもバリカンで乗り切る予定です!」(Iさん・35歳)

 

「最初は新聞紙を広げた上で切ったりしていましたが、だんだん動き回るようになって、ゆっくりカットしにくくなってきました。クシ状の切込みが入った”すきバサミ”と、裾にリングが入って髪が飛び散らない散髪用ケープを購入したら、効率アップしてずいぶんやりやすくなりました!」(Rさん・31歳・2歳児のママ)

 

関連記事:キッズヘアのおうちカット【ぶきっちょママでもできる!】

男の子と女の子、髪を切る頻度はどのくらい違う?

なお、今回のアンケ―トでは、「カットはどのくらいの頻度でしますか」という質問に対しては、男の子と女の子で違いがかなりありました。

 

【男の子】

  • 2か月に1回…50%
  • 3ヶ月に1回…34%
  • 4~6か月に1回…16%

 

男の子のほとんどが2~3ヶ月に1回程度なのに対し、

 

【女の子】

  • 月に1回以上…10%
  • 2か月に1回…10%
  • 3か月に1回…34%
  • 4~6か月に1回…10%
  • それ以上…36%

 

女の子は髪型が多彩なためか、さまざまなパターンがありました。

 

「バレエを習っているため、もう3年くらい伸ばしっぱなしです」(Uさん・36歳・7歳児と3歳児のママ)

 

「前髪ぱっつんのマンガみたいなおかっぱ頭、成長して本人の希望が出てくる前に少しだけやってみたかったのですが、意外と素人には難しくて。お店で切ったところ、維持するために毎月のように通うことになってしまい…お金も時間もかかり、早めにやめようと思ってます」(Sさん・32歳・3歳児のママ)

男の子ママを悩ませる「ツーブロック」流行

「子どもの髪型で困っていること」として男の子のママたちが挙げたのは、もはや流行から定番になりそうな「ツーブロック」のヘアスタイルです。

 

ツーブロックとは、前髪や頭頂部に近いところは長めに、耳のあたりから下にかけては刈り上げて、ブロックごとに長さを変えたヘアスタイルのこと。

 

「5歳の息子、いまは家でカットしていますが、いつも坊っちゃん刈りやマッシュルームカットぽい感じになってしまいます」(Wさん・33歳)

 

「息子の行くお店ではいつも”スポーツ刈り”とオーダーしていますが、それ以外のバリエーションが分からない」(Eさん・36歳・4年生のパパ)

 

「いつもバリカンで坊主にするばかりで、お洒落ヘアの作り方が分かりません」(Mさん・34歳・4歳児のママ)

 

筆者の知人で、もと美容師のパパに聞いたところ、実はバリカンさえあればツーブロックヘアは自宅カットでも難しくないそうです。

 

手順は、ヘアクリップなどでサイドから後頭部にかけてややV字になるよう上部の髪を留め、下の方は刈り上げてしまいます。

 

残った上部の髪はぱつんと横に切らず、縦にはさみを入れるか、すきバサミでカットするのがおしゃれに見えるコツ。

 

ただ、6年生の男の子のママ(Sさん・42歳)によると

 

「サッカー選手の髪型をイメージして、今は家で私がツーブロックにカットしてるんです。でも中学校・高校はツーブロックが禁止なんですよね…。そこそこおしゃれで、親が家でもカットできるスタイルってなかなか難しい」

 

と、この先のことを考えると少し困っているとか。

おわりに

最近は、ママやパパと一緒にカットしてくれる美容院や、まるでテーマパークのような楽しい設備のある美容院も増え、以前と比べてお店でヘアカットしてもらう年齢も早くなってきているのではないでしょうか。

 

また、ママやパパがお子さんのヘアカットをするのも、期間限定のいい思い出になりそうです。

 

お子さんの性格やヘアスタイルの好み、予算などを考えつつ、美容院・自宅カットを選んでいきましょう。

 

文/高谷みえこ

あなたにオススメの記事

子育てテーマ : 【幼児】その他の記事

幼児
もっと見る